【フォーマルスーツとビジネススーツの違い】3つの礼服の種類とは

【フォーマルスーツとビジネススーツの違い】3つの礼服の種類とは

スーツの種類を表す言葉には、「フォーマル」「ビジネス」「ダークスーツ」「ブラックスーツ」など数多くの種類が存在します。
冠婚葬祭の折にどれを着ていけば良いかと惑われた方もいらっしゃるかもしれません。
今回はいくつかのスーツの種類と「3つの礼服」の違いについてご紹介いたします。

 

 

フォーマルスーツとビジネススーツの違いとは?

スーツの種類の違いは、生地の色や透け具合、ディティールの形によって異なります。
用途による分け方としては、「フォーマルスーツ」や「ビジネススーツ」、見た目によるものでは「ダークスーツ」と「ブラックスーツ」が有名です。またスーツの種類では「燕尾服」や「タキシード」なども存在します。
これら数多くのスーツをさす言葉は、TPOに合わせた「正礼服」「準礼服」「略礼服」という3つのカテゴリーに分類することができるのです。

 

礼服の種類:「フォーマルスーツ」として知られる正礼服<

本来の「礼服」とは、モーニングスーツやタキシードといった「正礼服(フォーマルスーツ)」のことを指します。

●昼の礼服「モーニングスーツ」
●夜の礼服「タキシード」
●後裾が長い「テールコート(燕尾服)」

モーニングやテールコートは、胴回りが絞られていない直線的なシルエットが特徴。一方タキシードは、結婚式で新郎が着ることも多く、ウエストがスリムに絞られていることがあります。

日本では冠婚葬祭の式典において、主催者や喪主が「正礼服」着用し、参加者は後述する「略礼服」を着用する風習が根付いています。そのため本来の“フォーマルスーツ”とは、モーニングやタキシードを意味しているのです。
なお欧米ではビジネスやパーティーといった場面で、ドレスコードに指定されることもあります。

 

礼服の種類:主賓や司会者など特定の人だけが袖を通す準礼服

数多くのスーツの中でも、準礼服を目にする機会はあまり多くありません。

●結婚式の主賓や司会者が着用する「ディレクターズスーツ」

“指導者”や“管理者”を意味する通り、特別な立場の参加者が袖を通すスーツです。
オーケストラの指揮者を除いた団員が着ることもありますが、一般的にはあまり着る機会が少ない礼服と言えます。

 

礼服の種類:「ビジネススーツ」や冠婚葬祭に出席するための略礼服

【フォーマルスーツとビジネススーツの違い】3つの礼服の種類とは

日常、「スーツ」と呼んでいる洋服のほとんどは略礼服を指していることが多いです。

●ビジネススーツとして着用される「ダークスーツ」
●フォーマルシーンで着用される「ブラックスーツ」

「ダークスーツ」は黒や灰色、濃紺など、暗色の生地を使用したもの、一方「ブラックスーツ」は文字通り黒一色の礼服を指します。これらの洋服は、フォーマルとカジュアルの中間にあたる“インフォーマルスーツ”に該当します。

ビジネス関係の式典やパーティーにおいてドレスコードが「平服」と指定されていた場合、これらの略礼服で赴くのが適切です。
もちろん平時の服装のマナーが比較自由な業界であれば、この限りではありません。ただ要人を交えたレセプションなどでは、ブラックスーツなどのフォーマルな装いで向かうべきでしょう。

TPOに適したスーツスタイルは、仕事や冠婚葬祭といったカテゴリーだけでなく、会場や出席者の質によっても変わってきます。まだお持ちでない礼服があったら、自分の体形にフィットしたものを用意しておきましょう。
自分を演出するための晴れ着として、礼服をオーダーしてみてはいかがでしょうか。

 

Fashion AT Men’s 会員様専用ご来店予約ページ

カテゴリー: オーダースーツ講座コラム パーマリンク

こちらの関連記事もおすすめです!