新社会人なら覚えておきたいスーツの基本

新社会人が着るべきスーツ


新社会人となると生活はいろいろと変わってきます。
まずは仕事に慣れることが大事ですが、身だしなみも学生の感覚とは変わってきます。
新社会人としてスーツをどのように選び、着るべきなのかを考えてみましょう。

 

リクルートスーツは使えるか

 


新卒の新社会人としても使えるものと考えてリクルートスーツを用意していた場合はそのまま使えます。
多くのリクルートスーツは無個性であることを重視して黒無地である場合も多いです。
これは冠婚葬祭にも使えることから選ばれたもので、ビジネスの場にふさわしいものではありません。
ビジネススーツの基本は濃紺と言われています。
あまり厳格に考えることでもありませんが、もし新しく揃えるのであれば一着は持っておきたいものです。


新卒・新社会人の基礎:スーツ


新社会人として持っておきたいスーツは3着くらいです。
頻繁にクリーニングすることはありませんが、ローテーションを組んで休ませながら毎日着回すことができます。
結果的に長持ちするのですね。
色は濃紺かチャコールグレー、黒。
柄は無地かストライプです。
ただし黒無地は避けましょう。
スーツがお洒落に見えることで大事なのは、柄や色やディテールではなくサイズが合っていることです。
ですから、可能であればフルオーダーかイージーオーダーでの購入がおすすめです。
とくに新卒の新社会人にありがちなスーツのみっともない着方は、明らかに身体に合っていないものを無理して着ている状態です。
サイズが合っていれば、どんなに地味な色合いのスーツでも決まって見えます。

 

新卒・新社会人の基礎:シャツ


シャツも身体に合っていることが大事です。
色は白が無難です。
濃い色はやめましょう。
柄は無地かストライプ。衿はワイドカラーがおすすめです。
ボタンダウンはカジュアルな装いですが、クールビズで上着を脱ぐことも多くありますので首周りの落ち着きを考えると「あり」かもしれません。
社風に合わせて考えましょう。
毎日変えることを考えると5枚あれば回りますが、念の為に6枚あると安心できます。

 

新卒・新社会人の基礎:ネクタイ


ネクタイは何色でもいいですが、新社会人向けとして考えると柄はストライプか無地がおすすめです。
ただし、着こなしのタブー「柄オン柄」に気をつけましょう。
もしスーツとシャツとネクタイすべてがストライプだったら恥ずかしいですよね。
おそらく手持ちのスーツとシャツにストライプ柄は必ず入ってくると思われます。ですから無地のネクタイはメイン使いになってくることが予想されます。無地のネクタイは便利です。

 

いい仕事をするために必要な準備


スーツだからといって構える必要はありません。
ただ毎日着る仕事着であり、人前に出るための礼儀でもあります。
着方の基本を押さえて、必要になる数を揃えて、身だしなみを清潔に保っていればいいのです。
スーツを慣れてきたら、遊び心を出したり趣味に走っても大丈夫になってくることは間違いありません。
新社会人のうちは、まず仕事を第一に考えましょう。
スーツに関しては悩まなくていいくらいにしっかり揃えてしまえば仕事に集中しやすくなるはずです。

 

Fashion AT Men’s 会員様専用ご来店予約ページ
カテゴリー: HOW TO, オーダースーツ講座コラム パーマリンク

こちらの関連記事もおすすめです!