初めてのオーダースーツで失敗しない方法

初めてのオーダースーツ:失敗したくないですよね


初めてのオーダースーツで失敗してしまうと、次を仕立てるのに躊躇してしまうことになります。
それどころか、二度とオーダースーツを仕立てようとしなくなってしまうこともあるでしょう。
それはとても勿体無いことです。
初めてのお店に失敗はつきものですが、なるべくなら回避できるようにしておきたいものですよね。
常識として、イージーオーダーやパターンオーダーでは一回目から完全に満足できるスーツが出来上がることは稀です。
まずは失敗する原因を知り、その原因を排除すれば、成功率は格段に上昇するはずです。

 

初めてのオーダースーツ:失敗の原因

 


初めて作るオーダースーツが失敗する原因は大きく分けて5つあります。


1.サイズが合わない
自分とお店のサイズ感が合わない。

2.生地が合わない
思ってたのと違う雰囲気。

3.シルエットが合わない
お店の持っているパターンが自分の想定と違っている。

4.シワが出る
サイジングや補正の失敗。

5.価格が合わない
お店のセレクトミス。オプション過多。


初めてのオーダースーツ:サイズを合わせる


サイズが合わないなら仮縫いすればいいのです。
仮縫いができるテーラーなら納得いくまで採寸と仮縫いをしましょう。
パターンオーダーやイージーオーダーのお店で起こりがちな失敗ですが、追加料金を払うとやってもらえる場合がありますので、問い合わせて確認しましょう。
着る機会のないオーダースーツを作ってしまう失敗を、追加料金を支払うことによって回避できるなら安いものです。
また、お店が持っているサンプル服やゲージ服を活用するとテーラー側もやりやすくなるはずです。
すでに自分が持っているジャストサイズのスーツを持ち込むのも手です。

 

初めてのオーダースーツ:生地を合わせる


オーダースーツの生地サンプルはたいていはバンチブックと呼ばれる見本集の冊子から選ぶことになります。
サンプルの生地が小さいことでイメージのズレができてしまうのです。
可能であれば、生地を大きく見せてもらって、肩からかけるなどして見極めましょう。
サンプル服に欲しい生地のものがあれば話は早いですね。
最初からバンチブックだけではなく、大きい生地を何種類もディスプレーしているテーラーを選ぶと間違いありません。

 

初めてのオーダースーツ:シルエットを合わせる


これも仮縫いで解決する問題です。
あとはサンプル服やゲージ服を使って納得するまで吟味することです。
ショーウインドウにあるものを見て決めるだけではなく、着て確認することが大事です。

 

初めてのオーダースーツ:シワが出ないようにする


スーツがおしゃれに見える最低条件は、自分の体型の欠点をカバーしつつもサイズが合っていることです。
オーダースーツの利点は、完全なサイズフィットです。
ですから、変なシワができてしまうということはオーダースーツであるメリットが台無しです。
これを防ぐには充分な仮縫いしかありません。
一回だけゲージ服をつまんだりピンを打ったりするのでは、足りないことが多いです。

 

初めてのオーダースーツ:価格を合わせる


まずは予算に合ったお店を探すことです。
こればっかりはお店のせいにはできません。
そして、オプションでディテールを増やす場合も、自分で予算を考えて行なうことです。
オーダースーツはいろんなことができるのでついつい見栄えを良くするオプションを追加しがちですが、支払いは自分の財布からなのです。

 

テーラーとの関係づくり:初めてのオーダースーツ


初めてのオーダースーツや初めてのお店で失敗する確率はたしかに高いのですが、最も失敗したくないタイミングでもあります。
テーラーも失敗したいはずがありません。
できるかぎりいいものをつくってお客さんに喜んでほしいと思ってスーツを作るのです。
つまり、同じ目的を持つ仲間なのです。
ですから、大事なこと・必要なことは、密な連絡と意思の共有です。
あなたが欲しいスーツのイメージをしっかり理解してもらうこと。
サイズが出るまで仮縫いやフィッティングをすること。
これさえちゃんとやっていれば必ず失敗しないのです。
テーラーを同じ目的を持つ仲間にすることができたら、望み通りのオーダースーツは完成したも同然です。
カテゴリー: HOW TO, オーダースーツ講座コラム パーマリンク

こちらの関連記事もおすすめです!