【自由で合理的なスーツ】 アメリカンスタイルスーツ


スーツは大きく分けてイギリス由来のブリティッシュスタイル、イタリア由来のイタリアンスタイル、アメリカ由来の
アメリカンスタイルに分類されます。

今回はアメリカンスタイルを紹介したいと思います。
オーダースーツを作る時の参考になれば幸いです。

 

アメリカンスーツの歴史


民族的にイギリスと近いのでイギリスからの影響が強いです。
独自のスーツを作り始めたのは20世紀からです。

ジャズの影響を強く受け、ジャズを嗜む人たちがよく着ていたスーツが流行しました。
アメリカンスタイルには「アメリカン・トラディショナル」「アイビー・リーグ」「コンチネンタル」など、さまざまなモデルがあります。
大量生産が基本で、オーダースーツを作る習慣がないため、既製服にバリエーションを持たせていたのです。

オーダースーツの多いヨーロッパスーツは貴族のためのものでしたが、既製スーツの多かったアメリカンスタイルは庶民のためのスーツだと言えます。

アメリカンスーツの精神


スーツにはその国の特徴が色濃く反映されます。

アメリカは合理的な国です。
そのため、ファッションに対してあまり強い思い入れがない節があります。
イギリスはスーツで誠実さや男らしさを、イタリアは優雅で個性を表すものが多いのですが、アメリカンスタイルにそういった考えはありません。
アメリカンスタイルで大切なのは「着やすさ」です。

スーツは窮屈で苦手だと考えている方にはアメリカンスタイルのオーダースーツをオススメします。

 

アメリカンスタイルの特徴


一番の特徴としてアメリカンスタイルのスーツはウエストをあまり絞りません。

タイトに見せるためのダーツが入っていないスーツが多いです。
考えてみるとアメカジなどのジャケットもウエストを絞ったものは少なく、合理的なアメリカならではの特徴だと
言えます。
着やすく動きやすいスタイルなので機能性重視の方はオーダースーツでアメリカンスタイルを注文するのを検討してみてはいかがでしょうか。

「寸胴型」とも言えるシルエットでも格好よく着こなせるのは体格の大きいアメリカ人だからだと言えます。
胸の力強さをアピールするのにうってつけのスーツで、大胸筋が鍛えられている人のオーダースーツに
適しています。

肩はイギリスのようにカッチリとしていないナチュラルショルダーがアメリカンスタイルでは好まれます。
自由の国・アメリカでは個性アピールするのが大切なので色やデザインもさまざまです。
集団よりも個々の意識を大切にしているアメリカならではのスーツスタイルです。
カテゴリー: オーダースーツ講座コラム, 雑学 パーマリンク

こちらの関連記事もおすすめです!