【職業別】 仕事に合わせたスーツの着こなし方

スーツを着用する機会はイベント・パーティ・冠婚葬祭・レストランやホテルのドレスコードなど様々ですが、中でも最もスーツを着る機会が多いのは「仕事」です。

サラリーマンの多くがスーツを着用していますし、「スーツ」と言えば「仕事」「働いている人」というイメージがあるのではないでしょうか。

そんなスーツには色や柄、デザインで与える印象が大きく変わります。
仕事に合ったスーツを着る事で印象を操ることができます。

今回は仕事に適したスーツを職種別で紹介したいと思います。
スーツを上手に着こなしてお仕事に役立ててください。

 

【職種別スーツ】 営業

スーツ姿でバリバリと働いている営業マンは第一印象が特に大切なので、
パリッとしたスーツを着なければなりません。

デザインはオーソドックスで、体にしっかりとフィットするスーツが動きやすく営業職向きです。
色は濃紺、グレーが定番。

あまりファッショナブルなスーツを着用すると、軽く見られてしまいます。
ベーシックなデザインで、スラックスにきちんと折り目のついたものを着るのがオススメです。

【職種別スーツ】 銀行員

スーツの裏地をしっかりと把握しましょう。
堅いイメージが強い銀行員では真面目な印象を与える着こなしが肝心です。

基本的に柄は無地が望ましいです。
ルーズで色鮮やかなスーツだと不誠実な印象をお客様に与えてしまいます。
スタンダードなデザインが銀行員として働くうえでは適していて、トレンド色を使うのは避けた方が無難です。

 

【職種別スーツ】 不動産

扱うものが高額なため、信用・信頼が何よりも大切です。

不動産関連の職業にも関わらずチャラチャラとしたスーツを着ている人からは物件をオススメされたくないのは
当然のことではないでしょうか。
スーツの色は黒、濃紺、グレーなどで、派手でなければストライプも問題ありません。

ネイビーは高齢の方にも印象が良いのでオススメです。

【職種別スーツ】 アパレル

扱うものが洋服関連なので、オシャレなものを着こなして、センスの良さを
アピールすることで、お客様からの信頼を集めることが出来ます。

カジュアルなデザインのスーツがアパレル関連の方にオススメです。
細身でこだわりの強いイタリアンスタイルなどが好まれます。

チェック・ストライプのような柄物もオシャレです。
色味はトレンド色を取り入れてください。

【職種別スーツ】 マスコミ

扱うものが高額なため、信用・信頼が何よりも大切です。

不動産関連の職業にも関わらずチャラチャラとしたスーツを着ている人からは物件をオススメされたくないのは
当然のことではないでしょうか。
スーツの色は黒、濃紺、グレーなどで、派手でなければストライプも問題ありません。

ネイビーは高齢の方にも印象が良いのでオススメです。

 

Fashion AT Men’s 会員様専用ご来店予約ページ
カテゴリー: オーダースーツ講座コラム, 着こなし パーマリンク

こちらの関連記事もおすすめです!