パリッとしたスーツは脱いだ後の手入れで作れる!

仕事や冠婚葬祭など、スーツを着る機会は年を経るごとに増えていきますが、スーツがダメになってしまうスピードも早くなっていませんか?

スーツは他の洋服と比較してもデリケートなので、手入れを慎重に行わないと劣化が早いのです。
逆に言えば、手入れ次第でもっとスーツを長持ちさせることが出来ます。

今回はスーツを長持ちさせる手入れ方法を紹介いたします。スーツを大事にして、もっと長い間着てあげてください。

 

【スーツを長持ちさせる手入れ法】 ブラッシング


ほこりはスーツが傷む原因の一つです。

1日スーツを着ているとスーツに多量のほこりが付着しているので、家に帰ってきたら、まずスーツにブラッシングをかけることを習慣にしてください。
ブラッシングやハンガーにかける前に、スーツのポケット内に入っている物を取り出し、パンツからベルトを外しましょう。

スーツ以外の重みは型崩れの原因となります。
ジャケットは上から下へブラッシングしていってください。
パンツはハンガーに吊るしながら下から上にブラシをかけて、
その後に上から下へブラッシングすると効果的にほこりを落とすことが出来ます。

ブラシは馬毛か豚毛のように、天然毛でお手入れするのが良いでしょう。
合成繊維に比べて静電気が発生しづらいので、生地を傷めにくく、スーツをさらに長持ちさせます。

【スーツを長持ちさせる手入れ法】 ハンガーの選び方

スーツは自分が着用している時以外はハンガーに
かかっている状態が多いと思います。

長持ちさせたいのならハンガーにも気を配りましょう。
ジャケットは肩先に厚みのあるハンガーにかけるのが
良いでしょう。
肩に沿ってカーブしているハンガーを使うとスーツを
傷めづらいです。

材質は木製がオススメ。静電気を起こしづらく、除湿効果にも
期待が持てます。
パンツは普通のハンガーにかけるとシワになってしまい、
シワを伸ばす手入れもしなければならないので面倒です。
パンツを吊るタイプのハンガーを使用しましょう。

シワがつきにくいどころか、逆に重みでシワを取る効果が
あります。

【スーツを長持ちさせる手入れ法】 アイロンのかけ方

いくら長持ちしていても、くたくたでシワだらけのスーツでは
カッコ悪いですよね。

いつまでもカッコいいスーツを着用するために日頃の手入れは欠かせません。

シワ対策の手入れと言えば「アイロン」です。
しかし、正しいアイロンのかけ方を知らなければ生地を
傷めてしまいます。

まず素材によって適切な温度が違う事を覚えておきましょう。
綿・麻では180~200℃、ナイロン・アクリルは110~130℃、
ウールは当て布で140~160℃程度に調整してください。

スーツにアイロンをかける際は「ライン」を意識してください。
肩のラインから始まり、襟にもしっかりとプレスしましょう。

パンツも折り目を意識して腰回り、ヒップ、足、裾と手入れしてください。
カテゴリー: お手入れ, オーダースーツ講座コラム パーマリンク

こちらの関連記事もおすすめです!