秋冬スーツスタイルのアクセント 「マフラー」の合わせ方

スーツだけでは寒いけど、コートを着用するほどでもない。
そんな時には マフラーの使用をオススメします。

首元を冷たい風から保護する、たったそれだけで非常に暖かいもので、これからの時期にマフラーは重宝するでしょう。

ただ、マフラーをスーツと合わせるならルールを知っておきたいところ。
上手な合わせ方を身に付けるだけで防寒具としてだけではなく、ファッションとしても有効なツールとなるので、ぜひ覚えておいてください。

 

色で合わせる


スーツとの合わせ方を考える際に、マフラーの色から検討していきましょう。
スーツはもちろん、どんなファッションにも合わせやすいのがモノトーンのマフラー。

黒・グレーを選ぶのが無難でしょう。
一番に購入しておきたいものです。
基本的にグレーや黒、ネイビーなどのスーツにはどんな色でも合うのですが、
色のコントラストを考慮してみるのも面白いのではないでしょうか。

ジャケットやアウターとマフラーの色の濃度差が激しいとワイルドに、色の差が
小さいと自然な印象を与えます。
ワインレッドのマフラーはグレー・ネイビー・黒のスーツと特に相性が良い色ですから、1つは持っておきましょう。

柄から選ぶ

マフラーの柄はそれ自体で印象を大きく左右するもの。
そのため、スーツとの合わせ方を検討する際にも非常に重要です。

無地は定番で、どんな服装にも合わせられます。
しかし、地味な印象を与えかねないため、無地のスーツではなく、
ストライプの入ったスーツに合わせるのがオススメ。

逆に、ストライプの入ったスーツにはストライプ柄のマフラーは厳禁です。
首元が暑苦しく見えますし、目の疲れなどを相手に与えてしまいます。

チェックは使われている色の数が少なく、線の太さが細くなるほどクラシックな印象を与えるので、
色味が少なく細いチェックがスーツスタイルに最適。

最近ではグレンチェックや千鳥格子のチェックが人気となっています。


巻き方の工夫

マフラーをどのように巻くか、これもスタイリングを決める重要な要素だと言えます。
二つ折りにして、首元にあてがい、輪の部分にマフラーの先を差し込む“ワンループ”はスーツと合わせる時の基本。
首元をコンパクトに飾ることができます。

マフラーをそのまま2重に巻くだけのシンプルな“2重巻き”もスーツスタイルの際に
使いたい巻き方。
適度なボリューム感を出すことが出来ますし、垂れ下がったマフラーの先をスーツの中に入れ込むことでVゾーンを覆ってくれるので、防寒の質も高くなります。

マフラーをかけるだけの方法はスーツスタイルに合わせるとだらしない印象を与えてしまうのですが、コート着用時には取り入れたい巻き方です。

コートの縁のラインに沿ってマフラーがアクセントを加えてくれます。

マフラーとスーツの合わせ方は膨大な数があって、考えれば考えるほど煮詰まってしまうものですが、
ルールを守れば簡単です。
もちろん、さらに上手な合わせ方を考えるのもファッションの醍醐味。
自分にぴったりのマフラースタイルを模索してみるのも面白いですよ。
カテゴリー: オーダースーツ講座コラム, 季節, 着こなし パーマリンク

こちらの関連記事もおすすめです!