着こなせストライプスーツ! 高級感が男の色気を引き立てる

着こなせストライプスーツ! 高級感が男の色気を引き立てる

スーツと景気の関係について耳にしたことがある方は多いと思います。景気が良くなるにつれ、スーツのニーズがシングルブレストからダブルや3ピースに変わる傾向にあるのです。柄も無地からストライプのスーツを買う方が増える傾向にあります。

事実、数年前からダブルスーツやストライプ柄のスーツの人気が高まってきたという話が挙がりはじめました。

今回はストライプスーツに焦点をしぼり、ストライプの種類についてご紹介したいと思います。

 

多用なストライプが着る人の印象を演出する

ひとえにストライプスーツといえど、線の太さや濃さ、色そして線の間隔が違えば当然着る人の印象も変わるものです。
では実際に選ぶ際の参考となるよう、5つのストライプの種類をご紹介したいと思います。

「ピンストライプ」
ピンの頭のような点を連続させ重ねた、細い縞柄のストライプのことです。基本的に線の間隔が狭いので、ビジネスシーンで活用することができます。また、細いストライプはクールで大人の雰囲気を演出する縞柄でもあります。

「チョークストライプ」
洋裁用のチョークで線を引いたような縞柄や輪郭がぼやけた線が特徴です。ストライプ柄の中でも太く目立つので、白のチョークストライプなどはクラシックで英国風の上品な雰囲気を演出できます。シックでエレガントな印象で、あなたの魅力が一際高まります。

「ペンシルストライプ」
鉛筆で描いたような細い線のストライプ柄です。 チョークストライプよりも線の感覚が狭いのが多いので、Vゾーンの顔であるネクタイやYシャツを魅せる着こなしもできます。おとなしい印象のストライプですので、知り合いの結婚式などに着用できるストライプです。

「オルタネートストライプ」
異なる色・太さのストライプを交互に組み合わせたストライプ柄です。異なる色が使用されているため、ここ一番のデートシーンにもオシャレに着こなせます。オルタネートストライプは他の柄よりもシワが目立ちにくいので、長時間同じ体制でいる方などにおすすめです。

「ダブルストライプ」
二本を一束にして等間隔に繰り返しひかれた縞柄です。 既製品ではあまり見かけない柄で、クラシックな雰囲気で洒落っ気のあるストライプです。ダブルタイプのジャケットだと、よりエレガントに見えて、特に年長の方の魅力をさらに引き出してくれます。

 

ストライプの太さと間隔にもこだわる!

ストライプの種類の他に線の間隔も加わると、スーツはさらに多種多様な印象を見る人に与えてくれます。

たとえば線同士の間隔が広くはっきりとしたストライプが描かれているれば、スーツのストライプが際立って見えます。個性的でとてもエレガントな印象が生まれ、大柄の体型の人や、個性を出してもよい職業の人、ストライプ上級者に向いた柄です。「信頼感」「権威」「英国的」「リーダーシップ」といった印象を与えます。

線同士の感覚が狭まり細く淡いストライプになれば、厳しい服装ルールがある職場でも着用が可能です。ストライプの主張が抑えられますが、無地とは違った洗練された雰囲気を出すことができます。
付け加えて言うなら、おとなしいストライプのほうがVゾーンのコーディネートが楽だという特徴が有るのです。「洗練」「繊細」「若々しさ」「誠実」といった印象を与えます。

 

ドレッシーな高級感で大人の男になる!

着こなせストライプスーツ! 高級感が男の色気を引き立てる

日本のサラリーマンのスーツといえば無地が主流です。ですがそこにあえて他とは違うストライプ柄スーツを着ることで、仕事に余裕を持った大人の男を演出してみませんか?

さらにはストライプのもつ洗練された印象は貴方に高級感をあたえ、きっと着ることであなたを見る周りの目も変わってきます。

次にスーツを買う際は、ぜひストライプスーツを買ってはいかがでしょうか。

 

Fashion AT Men’s 会員様専用ご来店予約ページ

カテゴリー: オーダースーツ講座コラム, 着こなし パーマリンク

こちらの関連記事もおすすめです!