冬の必需品! ビジネスマン用コートの種類と選び方

冬の必需品! ビジネスマン用コートの種類と選び方

ビジネスマンにとって冬の季節にはスーツ用のコートが欠かせませんが、スーツと同様、コートにもビジネスシーンにふさわしいコート、そぐわないコートというものがあります。

大人の男性なら、TPOをわきまえた装いを知っておきたいものですよね?
そこで今回は、スーツに合うコートの種類と選び方をご紹介します。

 

スーツ用コートの種類と選び方

【チェスターコート】
テーラードジャケットの丈を長くしたような外見をしているチェスターコートは、もともとは19世紀のイギリスで紳士が着用していたものです。
クラシカルで上品な印象を与えるためスーツとの相性もばっちりで、ビジネスシーンには最適なコートの1つとなっています。
ウールやカシミアでできているため表面が起毛しており見た目にも暖かく見えますが、水には弱いので着用後にはブラッシングなどの手入れをしたほうが良いでしょう。

 

【ステンカラーコート】
「ステンカラー」とは、立ち上がった襟が途中で折り返っているタイプの襟ことです。
ステンカラーコートは丈が膝のあたりまであり、襟元もきちんと見えるため、ビジネスマンにぴったりのコートとなっています。

色は黒や紺など色の濃いものを選ぶとスタイリッシュに、またベージュなどの明るい色を選ぶと柔らかい印象を与えることができます。
防水加工を施された平織の生地でできていることが多く、防水・防風性には優れていますが、起毛感はないので、見た目はあまり暖かそうに見えないかもしれません。
しかし手入れがしやすいので、普段使いには向いています。

 

【トレンチコート】
大きな襟が特徴的なトレンチコートは、もともと第1次世界大戦の際にイギリス軍が防寒用として開発したのが始まりとなっています。
そのため現在でも防水加工を施された生地で作られていることが多く、防水・防風効果に非常に優れています。
ウエストベルトを後ろで締めるとカジュアルに、前で締めるとラインがすっきりしスタイリッシュに見せることができます。

 

【ダッフルコート】
もともとは漁師の防寒着だったダッフルコート。
特徴である大きなトグルボタンは、木製の浮きがモチーフとなっていて、手袋をはめた手でも扱いやすいようにできています。
メルトンウールなど厚い生地で作られるので着心地が重くなりがちですが、着ればカジュアルな印象を与えることができます。
選ぶ際にはウール素材にこだわらず、軽くて暖かい素材でできているものを選ぶようにしましょう。

 

冬の必需品! ビジネスマン用コートの種類と選び方

【キルティングコート】
生地と生地の間に綿が入ったキルティングコートは、軽くて暖かいのが特徴です。
カジュアルなイメージがありますが、最近はビジネスシーンでも使えるデザインのものが多く登場しており、特に30代の男性に人気となっています。
モコモコしすぎているとカジュアルさが増してしまうので、選ぶなら中綿の少ないスリムデザインのものがオススメです。
シルエットがすっきりしていると、スタイリッシュに見えます。

 

 

 

【当店オススメ! オリジナル立衿スリムコート】
今シーズンの冬はFashion AT Men’sが自信を持っておススメするオーダーコートを着用してみてはいかがでしょうか。
特に当店オリジナルの「立衿スリムショートコート」は、ビジネス用とプライベート用の両方で着られる、とても便利なアイテムとなっています。
オーダーコートに使用する付属品はすべてFashion AT Men’sオリジナルとなっており、どの生地にも合わせても高級感が出るように工夫されて作られています。
ぜひ自分だけのオーダージャケットを手に入れて、オシャレに差をつけてみましょう。

 

Fashion AT Men’s 会員様専用ご来店予約ページ

カテゴリー: オーダースーツ講座コラム, 季節 パーマリンク

こちらの関連記事もおすすめです!