「スーツ」「礼服」「喪服」にはどんな違いがあるの?

「スーツ」「礼服」「喪服」にはどんな違いがあるの?

「職場ではスーツ」「結婚式では礼服」「葬儀は喪服」といったように、男性が着る背広は一見同じように見えて、シーン別にさまざまな種類のものが用意されています。
ではこのスーツ・礼服・喪服にはどういった違いがあるのでしょうか。
今回はそれぞれの特徴と違いについて紹介していきたいと思います。

 

スーツとは?

スーツは男性が着る「背広」を意味しているのですが、厳密にいえば礼服も喪服もすべてスーツに含まれます。
ただ一般的にスーツと呼ばれているものは、ドレスコードでいうところの「ダークスーツ」に該当するものを指すのです。

ダークスーツはやや表面に光沢があって細かいストライプ模様が入っているのが特徴で、色も真っ黒ではなく、ややグレー寄りの明度となっています。
職場で着るスーツやビジネススーツなどは、いずれもこのダークスーツに該当します。

 

礼服とは?

礼服とは結婚式やパーティ、葬儀など冠婚葬祭のかしこまった場で着る服装です。
礼服はドレスコードにより細かく分類されており、たとえば最上位のドレスコードとなる正装(フォーマル)であれば、テイルコートやタキシードなどが該当します。
また前述したダークスーツも礼服の一部であり、ダークスーツはドレスコードの中間である略礼装(インフォーマル)に位置します。

日本ではあまりドレスコードは重視されていないため、結婚式などで参加者として出向く場合は、基本的にダークスーツでも問題はありません。
ただしビジネス色の強過ぎるダークスーツを着ると浮いてしまうことがありますので、普段よりもやや固めで高級感のあるダークスーツを着ると良いでしょう。

 

喪服とは?

喪服は主に葬儀や通夜などで着用する服装で、厳密にいうと礼服の中に含まれます。
(ドレスコードでいうところの「ブラックスーツ」として扱われることがあります)
喪服はビジネスなどで使用するダークスーツとは生地が異なり、表面に光沢や模様が無く、色においても黒色が強く明度が低いのが特徴的です。
なお喪服を着る際は、上下を黒で統一し、黒のネクタイ、白のシャツ、黒の靴で組み合わせるのが一般的なマナーとなっています。

 

目的に合わせてスーツを選ぼう

「スーツ」「礼服」「喪服」にはどんな違いがあるの?

スーツ・礼服・喪服はそれぞれ違ったものではありますが、共通する部分もあるため境界線があいまいです。
そのため購入する場合は「ダークスーツを下さい」「礼服を下さい」と言うよりも「ビジネス向けのスーツを下さい」「葬式用のスーツを下さい」というように、利用目的を店員の方に伝えた上で、それに合ったスーツを選んでもらうようにしたほうが良いでしょう。

 

Fashion AT Men’s 会員様専用ご来店予約ページ

カテゴリー: オーダースーツ講座コラム, 雑学 パーマリンク

こちらの関連記事もおすすめです!