「リクルートスーツ」はビジネススーツで代用できる?

「リクルートスーツ」はビジネススーツで代用できる?

就職活動を始める際、必要となるものがリクルートスーツです。
リクルートスーツは、ビジネススーツで代用してもいいのでしょうか?
スーツ売り場へ足を運んだ際に、ビジネススーツとリクルートスーツの違いを知っておくと、自分にふさわしいものを選びやすいですよ。
リクルートスーツとビジネススーツの違いについてお伝えします。

 

リクルートスーツはどんなときに着る?

リクルートスーツは別名を「就活スーツ」と呼びます。 大きな特徴は、就職活動の時期に着る点であり、面接や試験の場にふさわしい恰好でのぞむために着用します。
「それならば、普通のビジネススーツでも構わないのではないか?」と、考える人もいることでしょう。
明確な決まりこそないものの、リクルートスーツには一般的なビジネススーツよりも「清潔感」や「初々しさ」が求められます。
制服のように無難で地味なスーツと言い換えてもいいかもしれませんね。

就職活動の短い時期にだけ着用する特性上、安価な素材を使用していたり、折り癖がつきやすいタイプのスーツもあるということを覚えておきましょう。

 

ビジネススーツの用途は幅広い

一方、ビジネススーツは、広い意味を持つ言葉です。
ビジネスと一口に言っても、様々な業種がありますよね。
リクルートスーツとの大きな違いは、就職活動のように決まった時期にだけ着用するために作られたものではないという点です。
場合によってはノーネクタイで着用することが可能なスタイルを持つスーツであったり、素材や繊維の織り方に工夫があるスーツを着用する人もいることでしょう。

リクルートスーツではシングルスーツが一般的です。シングルスーツは、初々しさや若々しさを演出しやすいからだと考えられます。
一方、ビジネススーツの場合はビジネスマンの数だけ、どんなスーツを選ぶかという選択肢があります。

 

リクルートスーツの選び方のポイント

「リクルートスーツ」はビジネススーツで代用できる?

ビジネススーツの中にもリクルートスーツとしてふさわしいスーツはあるはずです。
しかし、リクルートスーツはシンプルなスーツだけに、よく目を凝らせば色や柄などでビジネススーツとの細かい違いがあることが分かります。

洋品店ではリクルートスーツとしてだけでなく、ビジネススーツとしても使用できるタイプのスーツも販売されています。
一般的なリクルートスーツよりも若干初期費用はかかりますが、長く着たいという人にはおすすめです。

リクルート用であれビジネス用であれ、スーツを購入する際に注意したい点はサイズ感です。
借り物のように大きすぎたり、反対に小さすぎると滑稽な印象を与えてしまいかねません。とくに袖口や裾の長さがあっていないと、ちぐはぐな印象を与えてしまいがちです。
自分の体にフィットしたスーツを着用するようにしましょう。

 

Fashion AT Men’s 会員様専用ご来店予約ページ

カテゴリー: オーダースーツ講座コラム, 着こなし パーマリンク

こちらの関連記事もおすすめです!