「お気に入り」を長持ちさせるスーツの保存方法とは?

「お気に入り」を長持ちさせるスーツの保存方法とは?

「しまっている間に、一度しか着ていないオーダーメイドスーツがカビだらけになってしまった……」という悲劇を経験したことがある方は、少なからずいるのではないでしょうか。普段はあまり着る機会のない礼服などは特に、いざというときにカビやダニに食われて使えなくなってしまうなんてことが起こりがち。
そのような悲劇を回避するための、スーツの保存方法について紹介していきましょう。

 

「湿気」は衣類共通の敵!

どの衣類にも共通して言えることですが、何よりも「湿気」は大きな敵となります。そのため、保存場所は風通しが良く、日の当たりにくい場所にすることが大切です。
長期にわたって使うことがない服は、湿気にまみれてしまうと一気にカビが繁殖してしまいます。特に、梅雨などの湿気が多い時期は要注意です。スーツは繊細な素材で作られている場合も多いため、普段使いの衣服よりも気を配っておくようにしましょう。 最低でも年に2、3回は日陰干しをすることが望ましいです。

 

「短時間しか着ていないから」は大問題

「それほど長い時間着ていない」「目に見える汚れがついていない」から、と油断していませんか? 少しでも使用したあとのスーツは、ダニの絶好の餌食です。
衣服にまとわりつくダニの好物は、人間の老廃物が中心。さらに、ダニは湿気を好む性質があります。短時間の着用とはいえ、人間からは常に老廃物が出ているため、当然スーツにも付着することになります。そのままの状態で保存してしまえば、餌を求めるダニの絶好の的になることは想像に難くないでしょう。着用後はまずはブラッシングが必須です。もし長期間使わないのであれば、クリーニングをするなどの対策が必要です。クリーニングから戻ってきたら、ビニールは取ってポケットに防虫剤を入れて保管するのがベストです。

 

長期間使わないからこそ注意が必要!

「お気に入り」を長持ちさせるスーツの保存方法とは?

長期間使うことがない衣類は、その存在ごと忘れてしまいがち。
使う機会が少なければ、同じ場所にずっと保存していることになります。
保管する場所によって対策も変わりますが、湿気が多い場所であれば除湿剤などを活用することも必要です。また、ときどき保管場所から出して、風通しが良い場所で陰干しをすることで、カビやダニの繁殖を防ぐことができます。
大切なスーツを長持ちさせるためには、シートなどで保護しつつ、湿気対策を行なうことが重要なポイントです。

お気に入りのスーツを長期間にわたって保管するなら、除湿剤などで湿気対策、ときおり風通しの良い場所で陰干しをする、この2点をしっかりと守るようにしましょう。たったそれだけで、お気に入りが虫食いに合うなどの悲劇を回避することができます。

 

Fashion AT Men’s 会員様専用ご来店予約ページ

カテゴリー: オーダースーツ講座コラム パーマリンク

こちらの関連記事もおすすめです!