ポケットチーフの4つの折り方と入れ方 | Fashion AT Men's

ポケットチーフの4つの折り方と入れ方

胸に入った青のポケットチーフ

ポケットチーフは、スーツやジャケットなどの胸ポケットに入れるハンカチのこと。
ポケットチーフというと、パーティーなどに使用するフォーマルでクラシックなものと思われがちです。

しかし、近年ではビジネスシーンやカジュアルスタイルに合わせるという人も増えています。
これひとつでスーツスタイルが華やかで洗練された印象に早変わり。
ポケットチーフを効果的に使った技アリコーディネートで、スーツ
スタイルに変化を持たせてみてはどうでしょうか?

 

フォーマルなシーンでは「シルク」が一般的!

結婚式やフォーマルなパーティーの時や、タキシードの時には白無地のものを使います。
特にフォーマルな装いの場合は、シルクのポケットチーフを使うのが一般的です。

普段使いにはシルクだけではなく、リネンやコットンなどさまざまな素材のものが使えます。
ポケットチーフ用はもちろん、普通のハンカチでもOKです。
シーンに合わせて、その場にふさわしいポケットチーフを選ぶようにしましょう。

 

ポケットチーフの選び方

黒スーツに入ったシルクのポケットチーフ」

ビジネスやカジュアルスタイルに使うなら、ネクタイと揃いのものを選ぶとよいでしょう。

ネクタイと同じ色味や柄のものを選べば、スッキリした印象になります。
柄や色味の違うものでも、バランスが整っていればOKですので、色々なポケットチーフを合わせてみましょう。
チーフの素材や柄は、ネクタイだけでなくスーツやジャケット、シャツの色にも違和感が出ないように合わせることがポイントです。

 

ポケットチーフの4つの折り方と入れ方

ストライプスーツに入ったシルクのポケットチーフ

ポケットチーフの折り方は多岐にわたりますが、今回は代表的な折り方いくつか紹介します。

1.スクエア

四角く折ったポケットチーフをポケットにまっすぐに差し込みます。
フォーマルからカジュアルまで幅広く対応できますし、挿し方が難しくないので気軽に取り入れることができる、初心者向けの折り方です。

2.ツインピークス

四つ折りのポケットチーフを三角に折り、更にもう一度頂点を少しずらした三角折りに。
チラリと覗く二つの三角形が、少しこなれたシャープな印象を演出します。

3.パフド

ポケットチーフの真ん中をつまみ、山のようにふんわり立ててポケットに入れます。
軽くボリュームのある曲線を作り、ふんわりと挿しこむことがポイントです。

4.クラッシュド

パフドを上下逆にして、ハンカチの端部分が見えるように無造作に挿しこむ方法です。
クラッシュドの形は細かく決まっておらず、ラフに整えればOK。
キラリとセンスを感じるような、エレガントな雰囲気になります。

 

2通りのおしゃれが楽しめる「AT Men’sオリジナル2wayポケットチーフ」

AT Men’sオリジナル2wayポケットチーフ

紹介した折り方以外にも、色々な折り方があります。
でも、使用する度に折るのは結構大変ですよね。
そこでおススメなのが「AT Men’sオリジナル2wayポケットチーフ」です。ネーミングの通り、一つで二通りのおしゃれが楽しめます。
片方は、フォーマルにも使える白いチーフ。もう片方はお好みの色柄のチーフにしたり、スーツのブランド裏地を使用したり、自由なカスタマイズが可能となっております。
白いチーフの方も普段通りに折るだけでは作れない形なので凝った印象に。完全オーダーメイドで3,000円(税別)で承っておりますので、気軽にご相談ください。

ポケットチーフひとつで印象や雰囲気がガラリと変わってきますので、色々な挿し方を試してみましょう。
ポケットチーフを取り入れて、ワンランク上のスーツスタイルを目指してみてはいかがでしょうか。

Fashion AT Men’s 会員様専用ご来店予約ページ