梅雨に役立つ、スーツのニオイ対策方法

梅雨に役立つ、スーツのニオイ対策方法

梅雨に役立つ、スーツのニオイ対策方法

梅雨の時期にはスーツのニオイが気になる、という方が多いのではないでしょうか。ニオイ対策は自分のためではなく、他人を不快にしないためのエチケットとしてしっかり行う必要があります。ここでは、梅雨の時期に気になるスーツのニオイ対策について解説します。

 

 

なぜ梅雨の時期にはスーツが臭うの?

スーツのニオイの主な原因は汗であるといわれています。そのため、スーツが臭くなるのは梅雨の時期だけではありません。ですが、梅雨の時期は湿気が多く、気温も高めで汗をかきやすいため、ニオイが一層気になるのです。
梅雨の時期は頻繁に手入れをして、ニオイ対策をしておきましょう。

 

梅雨の時期にスーツの手入れをしないとどうなる?

スーツの手入れは面倒なものですが、手入れをしないとどうなるのでしょうか。まず、濡れたスーツを放置しておくと、型崩れが起きます。さらに、雑菌が繁殖して異臭を放つようになり、このニオイはクリーニングに出しても取りにくくなります。そして、さらに恐ろしいのがカビです。カビはニオイの発生源になるだけでなく、衛生的にも問題があるので、そのスーツはもう着れなくなってしまいます。せっかくのスーツを無駄にしては勿体無いので、適切な手入れをしてスーツを守りましょう。

 

梅雨の時期のスーツのニオイ対策方法は?

非常に便利なニオイ対策方法として知られているのは、防臭スプレーです。確かに、吹きかけるだけでニオイが気にならなくなるため便利な手段ですが、注意点があります。まず、無香料のものを選ぶことです。香料ありのものだと、逆に不快なニオイが周囲に広がってしまう可能性がありますし、生地を傷つける可能性もあります。また、粘度が低い、水のようなタイプを選ぶことをおすすめします。ジェルのように粘度が高いタイプだと生地を傷つける可能性があります。

 

お金をかけずにニオイ対策をするには?

梅雨に役立つ、スーツのニオイ対策方法

実は、基本的にスーツのニオイ対策にお金はかかりません。まず、汗をかきそうなときにはジャケットをこまめに脱ぐようにし、帰宅後は汚れをタオルで拭きます。次に、ブラッシングでホコリを落とすようにします。ホコリを落とすと単に見た目が綺麗になるだけではなく、ホコリを餌にする雑菌の繁殖を抑えることが可能です。また、同じスーツは連続して着用せず、数日休ませるようにすると良いでしょう。直射日光を避けて、風通しの良いところに置いておくのがニオイ対策に効果的です。

スーツのニオイ対策は意外と簡単にできるものです。毎日気軽なお手入れを続けることで、スーツを快適に着られるようになります。ニオイがついてしまう前に、ここで紹介したことをぜひお試しください。

 

Fashion AT Men’s 会員様専用ご来店予約ページ