衣替えのスーツを長持ちさせるお手入れ方法

衣替えのスーツを長持ちさせるお手入れ方法

ハンガーに掛けたスーツジャケットとネクタイ

スーツはデリケートな衣服なので、長持ちさせるには適切なケアが必要になります。特に気をつけたいのが、衣替えで出し入れする際のお手入れです。

今回は、衣替えでスーツをしまうとき、またしまっておいたスーツを出すときのお手入れ方法についてご紹介します。

クリーニング後のスーツの2つのケア

衣替えでスーツを長期間しまう前には、必ずクリーニングに出しましょう。
目立つ汚れなどがなくても、シーズンが終わった後のスーツには汗や皮脂などが付着しているもの。そのまましまったのでは、生地の変色や傷みなどの原因になってしまいます。
クリーニングから戻ってきたスーツをしまう際には、以下の点に注意しましょう。

1. ビニール袋をはずす

クリーニングから戻ってきたときにスーツにかけられているビニール袋は、運搬時に汚れなどがつかないようにするためのもの。保管用ではありません。付けたまましまうと湿気がこもりやすく、カビなどの原因になってしまいます。しまう際には必ずはずしましょう。カバーを付ける場合には、購入時に付いてくる不織布のカバーなどを利用すると良いでしょう。

2. 収納前に陰干しする

ビニール袋をはずしたら、風通しの良い場所で半日~1日ほど陰干ししましょう。保存中の湿気対策になります。

スーツを収納する際の3つのポイント

クローゼットに収納したスーツ類

衣替えでスーツを長期間しまう際のポイントは以下となります。

 

 

1. スーツは畳まずクローゼットへ

畳んでタンスなどにしまうと型崩れの原因となります。ハンガーにかけてクローゼットにしまうようにしましょう。

2. スペースはしっかり確保する

隣のスーツとの間にある程度スペースがあるよう、余裕を持たせてしまうのが大切です。ぎゅうぎゅうに詰め込んだのでは通気性が悪くなるだけでなく、シワなどの原因にもなります。

3. 防虫剤は必須

長期間しまっておくと、虫食いなどが起こる可能性があります。クローゼットには防虫剤や除湿剤もあわせて入れておくことをおすすめします。特に冬用スーツを夏場に保管する場合は、防虫剤や除湿剤は必須アイテムとなります。

スーツを取り出す際の2つのケア

衣替えで仕舞い込んでいた冬用スーツ(夏用スーツ)を出す際には、「霧吹き」と「陰干し」を行います。

1. 霧吹き

長期間仕舞い込んでいたスーツは、少なからずシワや型崩れが生じているものです。霧吹きを行ってシワや型崩れをほぐしましょう。霧吹きは5cm程度離した距離から、少し表面が濡れる程度に行います。

2. 陰干し

しまいこんでいたスーツを出す際にも、風通しの良い場所で半日~1日程度陰干しすると良いでしょう。

適切なスーツのお手入れを心がけよう

以上、衣替えの際のスーツのケア方法をお伝えしました。
スーツはデリケートな衣類。保管する際に適切な方法をとらないと傷んでしまいます。
スーツを長持ちさせるためにも、適切なお手入れを心がけてください。

 

Fashion AT Men’s 会員様専用ご来店予約ページ