レダのウインドウペーンオーダージャケット

ジャケットらしいステッチの入れ方で

REDA(レダ)の生地でオーダージャケットのご注文をいただきました。

レダオーダージャケット

ブルーグレー地に複雑なウインドウペーンの柄が入っている生地になります。

スーツの場合は縁ギリギリに入っているステッチを、0.5〜0.7㎝内側に入れることによって、仕上がりがジャケットらしくなります。

こちらのお客さまは、ボタンホールの色と合わせてエンジ色でステッチを入れました。

 



チェンジポケットをお付けして、袖口は本穴5つボタンの斜め開き、先端一か所のボタンホールの糸色をブルーにしてみました。

他のボタンホールの色と反対色ですが、生地の色とは合っているので、ぶつかり合うことなくほどよいバランスを保っていますね。

大変おしゃれなジャケットになりました!