ゼニアよりも進んでいるパンツの内外に入れる裾スリット

パンツの裾のダブルスリットが流行しそうです

今年の秋冬用にゼニアから送られてきたこちらのカタログ

↓↓↓


実はこのデザイン、当店では10年ほど前からお客さまにご提案しているデザインになります。


裾スリット

当店の場合は、外側だけではなく内側にもスリットを入れて、なおかつ内・外でスリットの深さを変えております。

ここ数年流行している、細めのパンツ、その細さを強調するためにあえてタックを1つは残して股下は短め、といきたいところですが、短いのがいやな方もいらっしゃいますので、こちらのスリットが生きてくるのです!

股下を短くしなくても、ご希望のタイトラインが実現できます!!

今年のゼニアよりも、最先端のAT Men’sです(^^♪


裾スリット

履いているのとは違う生地のパンツですが、こちらの写真の方が内外のスリットの深さの違いをお分かりいただけると思います。


オーダーメイドなら、いろいろなことにチャレンジできます。

生地からスーツの形になるまでの過程もお楽しみいただけるオーダーメイド、ぜひ一度ご体験ください!!

★当店ではコロナ感染予防対策をしっかり行っておりますので、ご安心してご来店いただければと存じます★