高級スーツブランド「ゼニア」の歴史とスーツとしての位置づけ

高級スーツブランド「ゼニア」の歴史とスーツとしての位置づけ

高品質で名高い高級スーツブランド「ゼニア」。
ゼニアは世界的に有名なスーツブランドではありますが、その歴史についてまで詳しく学んでいるという方は少ないでしょう。ゼニアのこれまでを学ぶことで、よりゼニアへの愛着やこだわりが湧き上がってくるはずです。
そこで今回は、ゼニアの歩んできた歴史やスーツ業界での位置づけについてご紹介していきます。

 

 

1.ゼニアブランドの歴史

ゼニアが創業したのは今から約100年近く前の1910年。当時18歳だった創業者のエルメネジルド・ゼニア氏が父親の営んでいた羊毛の製織業を引き継ぐ形で、イタリアのミラノでゼニア社を立ち上げました。
ゼニア氏は、当初より「ゼニア社の工場で作る生地は、世界で最も美しいものでなければならない」のモットーを掲げ、生地の質にこだわったスーツづくりを目指します。
まず綺麗な水源のある、北イタリアのアルプスの麓に第一号の工場を設立。そしてスーツ生地に使用する糸を原毛から厳選して買い付け、糸の加工~スーツ製作~販売まですべてを自社で一括するといったこだわりぶり。

ゼニアスーツはすぐさま注目を集め、高品質なスーツとしての地位を確立していきます。創業からわずか18年ほどで、イタリア国内の一大スーツブランドに成長を遂げました。そして1928年からは徐々に海外にも市場を広げていき、1938年にはついにアメリカ合衆国に輸出を開始。これを皮切りに一気にゼニアの名が知れ渡り、1940年の段階で40カ国以上の国で販売網を確立。創業からわずか30年足らずで世界的なスーツブランドにまで発展しました。
ゼニアの成長の歴史を支えたのは、創業時から徹底している高品質なスーツ造りに他ならず、今現在も世界を代表する高級・高品質なスーツブランドとして君臨しています。

 

2.ゼニアのスーツ業界での位置づけ

高級スーツブランド「ゼニア」の歴史とスーツとしての位置づけ

ゼニアは、今現在80を越える国と地域で555店舗を運営しており、規模的にも世界トップクラスのスーツブランドなっています。品質についても勿論トップクラスであり、世界のVIPなどが愛用する最高級スーツブランドとしてのポジションを確立しています。
またゼニアは、自社でのスーツ製作・販売ももちろんですが、他ブランドにも生地を提供しているのが特徴的です。ゼニアが作るゼニア生地は「エルメス」や「アルマーニ」などの高級ブランドスーツに使われており、それらも広義では“ゼニアスーツ”に含まれます。
世界的な高級スーツブランドが作るスーツの約1/3はゼニア生地で作られたゼニアスーツと言われており、生地としてのシェアも世界トップレベルとなります。

いかがでしたでしょうか。
ゼニアはこのようにスーツ業界ではシェア、品質ともにトップクラスに位置づけられるスーツブランドです。ゼニアのポリシーは創業以来変わらず、今後も高品質なスーツブランドとして君臨し続けていくのではないでしょうか。

 

Fashion AT Men’s 会員様専用ご来店予約ページ

カテゴリー: オーダースーツ講座コラム パーマリンク

こちらの関連記事もおすすめです!