オーダースーツコラム

オーダースーツコラム

お手入れ

出しすぎもNG!? スーツクリーニングの理想的な頻度とは?

出しすぎもNG!? スーツクリーニングの理想的な頻度とは?の画像

出しすぎもNG!? スーツクリーニングの理想的な頻度とは?

一般的にスーツのクリーニングは1シーズンに1回という考え方が広まっていますが、これは本当に正しいといえるのでしょうか。今回は、スーツを清潔に保つためのクリーニング頻度についてご紹介いたします。

スーツの生地にできるテカリの原因は? テカったときの対処法

スーツの生地にできるテカリの原因は? テカったときの対処法の画像

スーツの生地にできるテカリの原因は? テカったときの対処法

購入してからしばらく経つスーツにテカリが生じてしまった……このようなお悩みを持つ方は多いのではないでしょうか。目立ってしまうスーツのテカリを防ぎ改善するためにも、テカリの原因や予防法、改善方法をチェックしましょう。

スーツを長持ちさせる3つの保管方法

スーツを長持ちさせる3つの保管方法の画像

スーツを長持ちさせる3つの保管方法

スーツをきれいに長持ちさせるための保管方法についてご紹介します。たとえ良いオーダースーツを仕立てても、ずさんな管理方法ではスーツが痛んでしまいますよ。

雨が降っても大丈夫! 梅雨におすすめできるスーツを徹底解説!

雨が降っても大丈夫! 梅雨におすすめできるスーツを徹底解説!の画像

雨が降っても大丈夫! 梅雨におすすめできるスーツを徹底解説!

ビジネスパーソンは天候に関係なく外出しなければならないことが多いです。ですが、雨の日の外出はスーツが汚れたり、傷んだりすることもあり、憂鬱ですよね。雨の日独特の蒸れ感も気になるところではないでしょうか。特に、梅雨の時期は雨が続くため、場当たり的な対策ではなく、何か準備しておきたいと考えている方

ブラッシングで寿命が2倍! スーツを長持ちさせる方法

ブラッシングで寿命が2倍! スーツを長持ちさせる方法の画像

ブラッシングで寿命が2倍! スーツを長持ちさせる方法

スーツは働く男性にとっては重要なアイテム。しかし毎日着ていると、スーツはくたびれてきます。せっかく買ったスーツが1シーズンでヨレヨレになってしまうのは悲しいもの。スーツを長持ちさせるためだけでなく、型崩れさせないでかっこよく着こなすためにも、お手入れは大切です。スーツを長持ちさせるお手入れ方

ゼニアが夏物スーツにもウールを使う理由

ゼニアが夏物スーツにもウールを使う理由の画像

ゼニアが夏物スーツにもウールを使う理由

「世界一の生地」を誇るゼニアのスーツは、夏物でも高品質な生地を楽しむことができます。その秘訣は創業以来絶えず研究されてきた、ウールへのこだわりにあります。そんな生地の品質を損なうことなく、真夏でもスーツを楽しめる最新技術も開発されました。今回は本格的な夏を前にチェックしておきたい、ゼニアの夏物

HOW TO

どうやって作るの? スーツのオーダーメイドの手順

どうやって作るの? スーツのオーダーメイドの手順の画像

どうやって作るの? スーツのオーダーメイドの手順

自分にピッタリのスーツを手に入れたいのであれば、スーツをオーダーメイドすることをおすすめします。オーダーメイドであれば、世界に1着しかない自分だけのスーツを作ることができます。スーツをオーダーメイドするには、決まった手順や、それぞれの段階ごとのポイントがありますので、しっかり押さえておきましょ

スーツのスラックスの裾丈の3つの合わせ方とは?

スーツのスラックスの裾丈の3つの合わせ方とは?の画像

スーツのスラックスの裾丈の3つの合わせ方とは?

スーツ姿を格好よくするには、スラックスの裾丈を適当な長さに合わせる必要があります。裾丈の合わせ方には「ワンクッション」「ハーフクッション」「ノークッション」の3種類があり、デザインや裾幅によって合わせ方を変える必要があります。

オーダーメイドスーツの3つの種類について

オーダーメイドスーツの3つの種類についての画像

オーダーメイドスーツの3つの種類について

オーダーメイドの方法には「パターンオーダー」「イージーオーダー」「フルオーダー」の3種類があります。それぞれの方法で指定できる範囲が変わりますので、しっかり違いを把握しておきましょう。

スーツスタイルを決める「ベルト」の選び方

スーツスタイルを決める「ベルト」の選び方の画像

スーツスタイルを決める「ベルト」の選び方

スーツや靴はオシャレで良い物を使っていても、ベルトが適当だと台無しになってしまいます。ベルトはスーツに隠れて見えていないと思いがちですが、実はしっかりチェックされているポイントなのです。今回は大人のセンスを感じさせるベルトの選び方をご紹介しますので、ぜひ参考になさってください。&nb

買ったシャツの袖が長すぎるときの対処法4つ

買ったシャツの袖が長すぎるときの対処法4つの画像

買ったシャツの袖が長すぎるときの対処法4つ

既製品のシャツを購入すると、首回りはサイズが合っていても袖が長いことがあるもの。袖が長いとスーツからはみ出てバランスが悪くなってしまいますよね。そんなとき、すぐに買い換える必要はありません。いくつか対処法があるので、まずは試してみることをおすすめします。  対

全部留めるのはダメ?スーツの「アンボタンマナー」

全部留めるのはダメ?スーツの「アンボタンマナー」の画像

全部留めるのはダメ?スーツの「アンボタンマナー」

オフィシャルなシーンには欠かせないスーツは、きちんとした着こなしが特徴の洋服です。もちろん、カジュアルなシーンでも気軽になりすぎない服装にしてくれるので、便利な存在です。しかし、スーツには「アンボタンマナー」というものが存在します。これを知らずに、いつ何時もきっちりボタンを留めていると「

雑学

イタリアンスーツの特徴はブリティッシュスタイルとどう違う?

イタリアンスーツの特徴はブリティッシュスタイルとどう違う?の画像

イタリアンスーツの特徴はブリティッシュスタイルとどう違う?

イタリアンスーツの特徴がどのようなものなのかご紹介します。ブリティシュスタイルと比べて柔らかい印象を与えるイタリアンスーツですが、どのように違うのでしょうか?

【Yシャツ選びのコツ】ストライプの種類と柄の特徴を知ろう!

【Yシャツ選びのコツ】ストライプの種類と柄の特徴を知ろう!の画像

【Yシャツ選びのコツ】ストライプの種類と柄の特徴を知ろう!

ストライプはYシャツの定番柄といえますが、ひと口にストライプといっても実はさらに細かく種類が分かれています。ストライプ柄の種類を小見出しで挙げて特徴を紹介し、着用したときに与える印象などをまとめて紹介します。

シャツの知識がオシャレをつくる! カラースタイルの種類

シャツの知識がオシャレをつくる! カラースタイルの種類の画像

シャツの知識がオシャレをつくる! カラースタイルの種類

スーツの着こなしを考えるならば、シャツにもこだわりを持ちたいところ。シャツはカラースタイル(衿型)によって分けられていて、選ぶカラースタイルによって趣や与える印象も変わってきます。今回はシャツのカラースタイルについてまとめてみました。

【フルオーダースーツができるまで】"仮縫い""中縫い"の大切さとは

【フルオーダースーツができるまで】

【フルオーダースーツができるまで】"仮縫い""中縫い"の大切さとは

フルオーダースーツを作る際に行う「仮縫い」と「中縫い」という2つの作業。これらの工程は、お客様の理想の紳士服を作り上げるために必要不可欠です。スーツ製作の流れを追いながら、仮縫いと中縫いの大切さについてご紹介します。

スーツの着こなし感が上がる!「カフスボタン」とは

スーツの着こなし感が上がる!「カフスボタン」とはの画像

スーツの着こなし感が上がる!「カフスボタン」とは

スーツの着こなしをかっこよく見せてくれる「カフスボタン」についてご紹介します。ワイシャツの袖にキラリと光るカフスボタンは、スーツ姿をよりかっこよくオシャレに見せてくれます。

ビジネスマンのための「ハンカチ」マナー3選

ビジネスマンのための「ハンカチ」マナー3選の画像

ビジネスマンのための「ハンカチ」マナー3選

社会人として知っておきたいハンカチのマナーを3つご紹介いたします。ハンカチを常備しておくことはビジネスマンの当然のマナーです。でも、「持ち方」や「しまい方」などにもマナーがあることをご存知でしょうか?

季節

クリーニングに出すときに知っておきたい、スーツの長期保管のコツ

クリーニングに出すときに知っておきたい、スーツの長期保管のコツの画像

クリーニングに出すときに知っておきたい、スーツの長期保管のコツ

衣替えをするときにはスーツをクリーニングに出したあと長期保管することになります。しかし保管の方法を間違えるとスーツの傷みにつながるので気をつけましょう。今回はスーツを長持ちさせる長期保管のポイントを紹介します。

オーダーメイドするときに知っておきたい、秋冬のスーツに最適な生地

オーダーメイドするときに知っておきたい、秋冬のスーツに最適な生地の画像

オーダーメイドするときに知っておきたい、秋冬のスーツに最適な生地

空気が冷たくなる秋冬の季節には、温かみのある生地を使ったスーツをオーダーメイドして、この時期ならではのおしゃれを楽しみましょう。今回は、秋冬にオーダーメイドスーツを仕立てるときに取り入れたい生地の特徴について紹介します。

【ビジネス向け】夏のサックスブルーシャツの着こなしテクニック

【ビジネス向け】夏のサックスブルーシャツの着こなしテクニックの画像

【ビジネス向け】夏のサックスブルーシャツの着こなしテクニック

サックスブルーのワイシャツは夏のビジネスシーンに最適なカラーと言われております。その理由について紹介していき、サックスブルーのシャツを使ったオススメのコーディネート術について、紹介していきます。

夏のスーツを長持ちさせるための汗染み・黄ばみ・ニオイ対策

夏のスーツを長持ちさせるための汗染み・黄ばみ・ニオイ対策の画像

夏のスーツを長持ちさせるための汗染み・黄ばみ・ニオイ対策

真夏のスーツメンテナンスは、汗染みや黄ばみ、ニオイ対策などを中心に行いたいものです。スーツを長持ちさせるために、スーツにつく汗染み・黄ばみの防止策と、汚れがついてしまった後の洗い方、スーツにつくニオイの落とし方を紹介します。

夏でもジャケット着用で決める! 暑い季節のジャケットの選び方

夏でもジャケット着用で決める! 暑い季節のジャケットの選び方の画像

夏でもジャケット着用で決める! 暑い季節のジャケットの選び方

クールビズ時にはジャケットは不要とされていますが、企業へ訪問する場合などで着用しなければならない場面があります。そういった時に涼しげなジャケットを用意しておく必要があります。周りに暑苦しさを感じさせない夏用ジャケットはどのように選ぶべきでしょうか。

状況に応じた着こなしを! 2018年夏のクールビズトレンドは?

状況に応じた着こなしを! 2018年夏のクールビズトレンドは?の画像

状況に応じた着こなしを! 2018年夏のクールビズトレンドは?

夏が近づくとクールビズを踏まえた服装を意識しなければなりません。2018年のクールビズのトレンドを説明し、ジャケットが必要な時、ジャケットが不要な時など、状況に応じたおすすめの着こなし方を紹介していきます。

着こなし

重ね着で洗練された雰囲気に! スーツに合わせるセーターのコーデ術

重ね着で洗練された雰囲気に! スーツに合わせるセーターのコーデ術の画像

重ね着で洗練された雰囲気に! スーツに合わせるセーターのコーデ術

冬のスーツスタイルにはセーターを合わせておしゃれに着こなしたいものです。しかし、スーツにはどういったセーターを合わせるべきなのでしょうか? この記事ではビジネススーツに合わせるセーターのコーディネート術を紹介します。

スーツに合わせるなら革手袋がおすすめ! 革手袋の上手な選び方とは

スーツに合わせるなら革手袋がおすすめ! 革手袋の上手な選び方とはの画像

スーツに合わせるなら革手袋がおすすめ! 革手袋の上手な選び方とは

寒い冬に手袋を選ぶのなら、スーツスタイルにぴったりの革手袋を選ぶのがおすすめです。革手袋を選ぶときには素材感やカラーなどにこだわりたいですね。今回は革手袋の選び方やコーディネートテクニックについて紹介します。

寒い冬を温かく乗り切る! ウォームビズをおしゃれに楽しむ着こなし術

寒い冬を温かく乗り切る! ウォームビズをおしゃれに楽しむ着こなし術の画像

寒い冬を温かく乗り切る! ウォームビズをおしゃれに楽しむ着こなし術

冬のオフィスではウォームビズを意識した着こなしが求められます。ウォームビズスタイルは着ぶくれを避け、おしゃれな着こなしを意識することが大切です。今回はスマートなウォームビズスタイルのポイントについて紹介します。

ビジネスシーンでも着用できる? ニットタイについて

ビジネスシーンでも着用できる? ニットタイについての画像

ビジネスシーンでも着用できる? ニットタイについて

ニットタイはビジネス向きではないと思っていませんか? 実は着用マナーを知ることでビジネスシーンでも取り入れやすくなります。ビジネスで取り入れたいとお考えの方は、ニットタイのデザインや素材による印象の違いもご紹介するので参考にしてみてください。

秋冬におすすめ! ブラウンスーツの着こなし術

秋冬におすすめ! ブラウンスーツの着こなし術の画像

秋冬におすすめ! ブラウンスーツの着こなし術

スーツを選ぶとき、ついつい定番カラーのブラックやネイビー、グレーに落ち着いてしまっていませんか?そんな方におすすめしたいのが、秋冬に人気のブラウンスーツ。着こなしが難しいと思われがちなブラウンスーツですが、実はとてもコーディネートしやすい色なのです。着こなしのバリエーションも豊富で、ワンラ

ハットをかぶりスーツ姿をよりシックに! スーツに合うハットの選び方

ハットをかぶりスーツ姿をよりシックに! スーツに合うハットの選び方の画像

ハットをかぶりスーツ姿をよりシックに! スーツに合うハットの選び方

スーツにハットを合わせればおしゃれで洗練された着こなしが楽しめます。似合うハットは顔立ちや体型によって変わるもの。さまざまなハットを試着して、スーツにぴったりと似合うおしゃれなハットを選んでみましょう。