汗を吸った夏スーツはお手入れが必要!ベストなケア方法は?

汗を吸った夏スーツはお手入れが必要!ベストなケア方法は?

夏の暑い時期、身体から噴き出る汗の幾分かはスーツが吸収しています。

丸洗いをしないスーツは、汗を吸収したままの状態でクローゼットにしまっておくと、汗による臭いやシミが発生してしまいます。

 

いくら高価なスーツでお洒落に着こなしていても、汗による臭いはやシミが気になる状態では、職場などで敬遠されてしまうでしょう。

 

そこで今回は、夏スーツの汗によるお手入れ方法についてご紹介します。

汗をかいた時のケアをしっかりして、爽やかにスーツを着こなせるようにしましょう。

汗を吸った夏スーツを放っておくと?

何もしなくても汗がとまらない、という人も多い夏の時期、インナーで吸収しきれない汗がスーツにしみこんでいます。

 

仕事熱心で運動不足な人、ストレスの多い人ほど、臭いの強い汗が出るようです。汗対策をきちんとしないと、雑菌が繁殖して不快な臭いを発生させてはいないでしょうか。

 

また、体内から出る汗は塩分を含んでいるので、汗ジミへの注意も必要です。襟元や背中、ウエスト周りのほか、脇や股の付近にもシミが着いてしまうことがあり、清潔感が失われてしまうでしょう。

湿ったスーツをそのままクローゼットにしまってしまえばカビの原因にもなり、せっかくのスーツも台無しです。

夏スーツのベストなケア方法

1.ハンガーにスーツをかけ、軽くブラッシングをします。

2.濡らして絞ったタオルをレンジで1分加熱した「蒸しタオル」で、汗をかいた部分を拭き取っていきます。

(ゴシゴシと擦るのではなく、ポンポンと軽く叩きながら拭き取るのがコツです。)

3.臭いや汗ジミが気になる場合は、さらにスチームアイロンをかけます。

4.風通しの良い日陰で34時間程度干して乾かします。

5.しっかりと乾いたことを確認しクローゼットへとしまう。

 

汗をかいた後のケアは、乾いて雑菌が繁殖する前に行うのが効果的。

 

まずは帰宅後すぐに自宅でできるケアを行うことを習慣にすることで、スーツの寿命も長持ちさせることができるでしょう。

夏スーツのケア方法

今回は、汗を吸った夏のスーツのケア方法についてご紹介いたしました。

 

夏のスーツは汗によるダメージが大きいものです。

帰宅後すぐのお手入れで、大切なスーツこそしっかりとケアを行い、清潔に長く愛用できるよう対策しましょう。

キャンペーンページはこちら