【芸術の国フランス】中性的なフレンチスタイルスーツ


スーツの基本はブリティッシュ・イタリアン・アメリカンの3つのスタイルに分類されるのですが、他の国で生まれたスーツスタイルも素晴らしいものがあります。

男性ファッションはイタリアが存在感の大きい国として挙げられますが、女性ファッションはパリコレなどが開催されるフレンチファッションがトップでしょう。

確かにフレンチファッションはレディースが多く、メンズの存在感は薄いですが、フレンチスタイルのスーツは他のスタイルと異なるのでオーダースーツで使用すると面白いのではないでしょうか。

 

アメリカンスーツの歴史


フレンチスタイルを覚える上でフランスという国柄を知ることは大切な事です。
フランス人は男女問わず会話を好みますが、他人にあまり干渉せず、一定の距離感を大切にする傾向に
あります。

プライドが高いのもフランスの特徴です。
芸術の国と言われ、文化遺産や美術館があふれているフランスは芸術への意識が高いです。
世界的なブランドも数多くあり、特にレディースファッションはフランスが至高とされます。
気候があまり東京と大差がなく、四季も存在します。

そのためフレンチスタイルのオーダースーツは日本人でも作りやすいです。


イギリス・イタリア・フランスの融合


フレンチスタイルのメンズスーツは他の国に比べて存在感が薄いのは、どうしても女性的なイメージが強すぎるからなのですが、美意識や技術は高いのでメンズスーツの質も他国に比べても引けを取りません。
フレンチスタイルのスーツはブリティッシュとイタリアンの中間のイメージです。

ブリティッシュよりも芸術的で、イタリアンよりも落ち着いているのがフレンチスタイルなのです。
レディースファッションを重視するフレンチファッションの影響はメンズスーツにも表れ、どことなく中性的な
部分があります。

フランスで有名なブランドの素材もどことなくレディース色が強く、デザインの幅も豊かです。
色彩感覚も豊かで色鮮やかな合わせ方をする場合も多く、独特な仕上がりになります。

ファッションや芸術に関心が高い方はフレンチスタイルのオーダースーツを検討してみてはいかがでしょうか。

 

フレンチスタイルの特徴


オーダースーツを作る際にはやはり特徴やディティールが気になるかと思います。
基本的に肩の部分はドロップショルダーです。
ドロップショルダーとは普通の袖つけ線より肩のラインを腕側に落としたもので、曲線的なシルエットを
作り上げます。

そのため、フランス独特の優雅さと中性的な部分がアピールできます。
ジャケットの襟にも特徴があり、フィッシュマウスラペルと呼ばれる形をしています。
上襟が小さ目で丸みがあり、下襟が水平に切られていて、形状が魚の口に似ているのでこのように呼ばれて
います。

オーダースーツを作る際にこういったディティールに詳しいとオシャレ上級者の仲間入りができるのでぜひ
覚えておいてください。
カテゴリー: オーダースーツ講座コラム, 雑学 パーマリンク

こちらの関連記事もおすすめです!