【スーツでの涼しい過ごし方】暑いスーツから脱却しよう!


これからの暑い季節はスーツを着るのが辛くなってきますよね。
仕事の関係上スーツを着なければならない方は大変だと思いますが、「見る側も暑苦しそうなスーツ姿を見たくない」というのが正直な気持ちです。
少しでも涼しい過ごし方を工夫することが夏を乗り切るポイントです。
スーツでも涼しい過ごし方を紹介しますので、暑い夏を快適に生活するために役立ててください。

 

【スーツでも涼しい過ごし方】 服の素材


涼しい素材の代表と言えば「麻」です。
麻の性質上、均一に糸を織ることは難しく、生地表面にネップという筋が出来ます。

このネップが涼しい印象を与えます。
さらに麻は通気性・吸水性に優れているので、スーツでも蒸れにくく、快適に着こなすことが出来ます。
質感がカジュアル過ぎて、堅い職種の場合は許容されないという場合は、混紡生地の使用をオススメします。
ウールと麻の混紡生地が一般的で、麻の質感を残しつつもウールのシワになりにくい性質が合わさって、見た目はカッチリしつつ体感的には涼しいので夏の過ごし方に最適です。

また、体感温度を下げる生地を使うのも効果的です。
エルメネジルドゼニアのCOOLEFFECTは生地の表面温度を約10度下げることが可能なので、見た目と比べて体感温度が涼しいのが特徴です。
布地をメッシュにして風通しを良くした服地などもオススメ。
夏の過ごし方を改善したい時は、夏にふさわしい服の素材を探してみてください。


【スーツでも涼しい夏の過ごし方】 裏地


スーツの裏地をしっかりと把握しましょう。
ポリエステルなどは通気性が悪いので、スーツの中は湿気で蒸れてしまいます。

これでは快適とは程遠いですよね。
ジャケットの裏地の中でもポリエステルは特に通気性が悪いので夏には避けたいところです。
裏地によく使われる素材にキュプラがあります。
キュプラは吸湿性・放湿性が高く、ポリエステルに比べて涼しいので、スーツを選ぶ際にチェックしてください。

 

【スーツでも涼しい夏の過ごし方】 ベスト


どうしても暑い場合はジャケットを脱ぐことも有効ですが、シャツだけではだらしなく見えてしまう可能性があります。
そういった悩みはベストの着用で解消しましょう!

ベストだとシャツ単品よりも堅いイメージを与えるので、あまりだらしない印象を与えないですみます。
ジャケットの袖の部分は体感温度を上げてしまう大きな要因です。袖がない、というだけで快適に過ごすことが出来るので試してみてください。

【スーツでも涼しい夏の過ごし方】 スーツ以外を見直す
暑い夏を乗り切るためにはスーツへの対策だけでは不十分です。
シャツの素材にもこだわりたいところです。
鹿の子素材のシャツの使用を検討してみてください。
鹿の子は編み方の一つの方法なのですが、伸縮性・吸水性に優れているのでシャツが体に張り付いて不快な思いをしないで快適に過ごすことが出来るのです。

スーツに合わせる革靴は蒸れやすく不快ですし、臭いの原因にもなります。
インソールを入れて通気性を上げるなどの対策が必要です。
最近では夏用に冷感素材などを用いたインソールもあり、さらに過ごしやすくなるのでオススメです。
カテゴリー: オーダースーツ講座コラム, 季節, 着こなし パーマリンク

こちらの関連記事もおすすめです!