形はスーツの命! 正しいアイロンのかけ方を覚えよう

スーツにこだわるなら製法や素材だけではなく、お手入れにも注意したいところ。
特に“形”はスーツを着る上で重要なポイントとなります。

クタクタで折り目のないスーツはカッコ悪いですよね。
スーツの美しい形をキープするために必要となるのがアイロンなのですが、使い方を間違えるとスーツを劣化させてしまうことも。
正しいアイロンのかけ方を覚えて、ビシッと着こなして下さい。

 

【アイロンのかけ方】 種類と温度

スーツにアイロンを施す場合、直接当ててしまうとテカリの原因になりますし、素材の弾力性を損なう危険性があります。
スチームアイロンの使用が望ましいです。
蒸気でスーツのシワを伸ばしていきましょう。

当て布をすることで、アイロンの熱をセーブすることが出来ます
スチームアイロンが無い場合でも当て布の上から霧吹きを吹きかけ、水分を含ませた状態でアイロンを行えば、十分にシワを伸ばすことが可能です。

温度は素材によって変える必要があります。
綿・麻は180~200℃で、ナイロン・アクリルは110~130℃、ウールの場合は140~160℃がベターな温度です。

【アイロンのかけ方】 ジャケット

なでるようにアイロンをかけていくのが基本です。
まず肩から袖にかけてアイロンをかけていきましょう。
左手でシワを伸ばしながらプレスして下さい。
肩のラインを意識すると綺麗な仕上がりになります。

前身頃は左右片面ずつかけること。
内側の胸ポケットにあるボタン部分に気を配り、シワが入らないように注意が必要です。
襟は裏から生地を引っ張りながらかけること。
背中は中から外に向けて、生地を広げるような感覚で行うとシワが残りません。

 

【アイロンのかけ方】 スラックス

スラックスの場合、順番を間違えると理想の仕上がりになりません。
まず腰回りを一周させるようにプレスしていきましょう。

前後同時に行わず片側ずつアイロン台にかけていきます。
前はファスナーがあるのでシワに気を付けて下さい。

次に足の部分をかけていくのですが、折り目通りにアイロンをかけないと折り目が2重になってしまうことがあるので注意しましょう。

裾は内側からプレスしていくこと。
裾が動かないように押さえながらかけていくのがオススメです。

 

【アイロンのかけ方】 注意点

アイロンをかけ終わったからといって、すぐにクローゼットにしまうのはNGです。
アイロン後のスーツは蒸気によって水分を含んでいます。クローゼットで蒸発すると、湿気がクローゼットにこもり、カビ・臭いを引き起こしかねません。
スーツだけではなく、クローゼット内の衣服全体に影響を与えるため、アイロン後はすぐに収納せず、しばらくハンガーにかけたまま放置しておく必要があります。

数時間程度で水分が蒸発するので、状態を見ながらタイミングを見極めて下さい。
カテゴリー: お手入れ, オーダースーツ講座コラム, 雑学 パーマリンク

こちらの関連記事もおすすめです!