スーツだって休みたい 一勤二休で、永く一緒に働ける

スーツだって休みたい 一勤二休で、永く一緒に働ける

ビジネスマンは毎日スーツを着ます。ビジネスマンの戦闘服たるスーツ。雨の日も風の日も、雪の日も日差しの強い日も、外の環境から私達を守ってくれます。

つまりスーツは日々、外部からの攻撃にさらされているのです。そんなスーツを、一日でも長く使いたいと思いませんか?

 

スーツは綺麗に保ちたい。だけど……

外部からの刺激を受け。汚れや臭いの元を吸ってしまうスーツ。毎日使っていれば当然見えないところでボロボロになっていることでしょう。クリーニングに出したくとも、頻繁に出せない方のほうが多いのではないでしょうか。
ですが、かといって沢山洗えば良いわけでもありません。クリーニングも外部からの刺激に変わりありません。洗い過ぎも、スーツの劣化に繋がるのです。

 

少しでも劣化を防ぐ

外を歩くだけでスーツはダメージを受けます。日差しや湿気で生地が痛み、布なので汚れや臭いのもとを吸ってしまいます。私達の体から出る汗や皮脂、外に出れば必ず浴びてしまう車の排気ガスも、スーツの弱点です。

毎日着て外に出る以上、これらは逃れえないことです。少しでも長持ちさせるにはこまめに手入れをするしかありません。ブラッシングはもちろん、きちんと木製のハンガーに上下別にかけること。皺ができてしまったら霧吹きをかけ、臭いが気になる時は消臭スプレーは避けてスチームを使う。ここまでご自分でできるのが一番いいのです。

ですがこの手入れも、つい忘れてしまったり、サボったりしてしまうことがあることでしょう。

そこで重要になってくるのはもう一つの方法。複数のスーツを着まわすことです。手入れをスーツのダメージ回復と例えるなら、着まわしはさながらダメージ回避と言えるでしょう。

 

一勤二休と陰干しの法則

スーツを長持ちさせるためポイントは、一勤二休。一度着たら二日は寝かし、その間は別のスーツを着まわすことが重要になってきます。つまり最低でも三着のスーツが必要になってくるわけです。
そしてスーツを寝かせている間は、陰干しを心がけなければなりません。陰干しをすることで生地や芯材を傷める水分が飛び、かつ虫やカビの発生を防げるのです。

 

スーツはビジネスマンのパートナー

スーツだって休みたい 一勤二休で、永く一緒に働ける

ビジネスマンと常に一緒に仕事を共にするスーツ。この二つは一種の相棒関係になっていると思いませんか。私達が手間をかけ気をつけて手入れをする事で、スーツは綺麗な状態が長く続き、自然と着ている私達の姿を引き立ててくれます。

ぜひ一度、自分のスーツの使い方を省みると良いでしょう。もしかしたら貴方のスーツ、使いすぎて悲鳴を上げているかも知れませんよ?

 


Fashion AT Men’s 会員様専用ご来店予約ページ

カテゴリー: HOW TO, お手入れ, オーダースーツ講座コラム パーマリンク

こちらの関連記事もおすすめです!