ゼニアを代表する生地「トロフェオ」とは?

ゼニアを代表する生地「トロフェオ」とは?

100年の歴史を持つ老舗アパレルブランド「エルメネジルド・ゼニア」。 厳選を重ねた原料選び、良質な生地、洗練されたデザイン、どれをとってもパーフェクトなスーツを作り出すゼニアですが、近年とくに力を入れているのが「トロフェオ」という生地。 あのゼニアが注力しているとなると、期待が高まりますが一体どんな特徴があるのでしょうか。ゼニアが力を入れているレーベル「トロフェオ」についてご紹介していきます。

 

 

「トロフェオ」はどんな生地?

高級感があふれ、見た目も機能性も抜群のトロフェオは年々新たな進化を重ね、今やゼニアを代表する最高級の生地となりました。品質のさらなる向上はもちろん、その種類も増えています。 そんなトロフェオは、オーストラリア産の繊維の直径が19.5ミクロン以下という高級羊毛「スーパーファインウール」の中からさらに厳選し、その年に最も高品質の原毛のみを使って作られています。 そして、より軽くさらに高品質のものをという信念のもと、使用される糸の細さは年々増し、2012年以前では平均17ミクロンの繊維だったものが、2013年以降は平均16ミクロンとなっています。これによって生地の軽量にも大きくつながり、その軽量化はどんどんと進んでいるのです。

 

ゼニアを代表する生地「トロフェオ」の由来

ゼニアは毎年、その年に最も高品質な原毛を提供してくれた生産者に対して、トロフィーを贈るという制度を取り入れています。 受賞した原毛の生産者はそのことが励みになり、また他の生産者を刺激することにもつながります。ゼニアからこのトロフィーを獲得することは、生産者にとってとても名誉のあることなのです。 そんな栄光ある「トロフィー」は、イタリア語に訳すと「トロフェオ」となります。 ゼニアが力を注いで作り上げるトロフェオという生地は、トロフィーを意味する言葉が由来となっているのです。

 

最高級生地「トロフェオ」の特徴とは

ゼニアを代表する生地「トロフェオ」とは?

柔らかくソフトなその触り心地と、滑らかで光沢を放つツヤ感、軽量で最高の着用感を味わうことのできるトロフェオのスーツは、「一度身に着けると、他のスーツを着ることができない」といわれているほどの着心地。 もちろん、ただ柔らかいだけでなく、生地にはハリとコシがあるので型崩れの心配がありません。使われる原毛の細さだけでなく、糸の密度や強度などもしっかりと重視されているため、繊細な触り心地ながらもしっかりとした強度が約束されているのです。 また、トロフェオの生地は春夏用、秋冬用と2種類に分けられています。 春夏用は吸水性が良いという特徴があるので、汗や湿気などを吸収し不快感を取り除いてくれます。また、秋冬用のトロフェオは、軽いながらもとても温かく保温性に富んでいることが特徴です。

スーツはデザインなどの見た目も大切ですが、その元となる素材の部分にもこだわるのが素敵なスーツの着こなし方。見た目にも着用感にもこだわりがもたらされたトロフェオは、一流のビジネスマンにこそふさわしい最高級の生地といえるでしょう。 ぜひ一度、最高級のトロフェオの素晴らしさを体感してみてください。

 

Fashion AT Men’s 会員様専用ご来店予約ページ

カテゴリー: オーダースーツ講座コラム パーマリンク

こちらの関連記事もおすすめです!