スーツのシワを自宅で取るには? 

スーツのシワを自宅で取るには? 

ネクタイを締めるビジネスマン
スーツは何度も着る一方で、クリーニングに出すのは1シーズンに1回という方も少なくありません。
クリーニング代はスーツの上下で1回あたり約1000~2000円ですから、度々出すというわけにもいかないでしょう。

そこで今回は、自宅でできる6つのスーツのシワ取り方法と、素材による違い、シワを防いでスーツを長持ちさせるコツをお伝えします。

 

スーツのシワ取りの基本はスチーム

長時間の座り仕事など、同じ姿勢をとり続けているといつの間にかできてしまうのが着用ジワです。
スーツの場合、ジャケットでは肘や肩周り、背中、ズボンでは膝や股関節周りにシワができやすい傾向があります。

シワの多いスーツでは格好がつきません。スーツのシワ取りは特に難しくなく、基本的にはスチームを利用して取ることができます。
いくつか方法がありますので、簡単なものから順にご紹介します。

簡単に済ませたいとき
・霧吹き(表面を湿らす程度ではなく、スーツが水分を吸い込み、表面を水が滴るくらいの水量をかけることがポイント)
・入浴後の浴室に30分程度吊るす

スーツの素材にはウールが多く使用されています。
ウールは羊毛で、そもそもクルクルしていることから繊維に弾力や回復力がある素材です。
シワができても適度な湿気を与えればある程度は自然に回復します。

しっかりとシワをとりたいとき
・衣類スチーマー
・スチームアイロン
・ズボンプレッサー

素材によっては頑固なシワやシワが多くできてしまうこともあります。
そのような場合には、アイロンなどを使ってシワをとります。衣類スチーマーは、ジャケットやズボンをハンガーにかけたままスチームの力でシワを伸ばします。

ズボンプレッサーはジャケットよりもシワになりやすいズボンに、一直線のきれいな折り目をつけることができます。
いずれにしても、アイロンをかける前に洗濯表示を見て、温度設定や当て布が必要かどうかを確認してください。

一瞬で済ませたいとき
・しわ取りスプレー

シワが気になる部分にスプレーして軽く伸ばし、ハンガーにかけて乾いたら着用可能という手軽さが魅力です。
洗濯表示で水洗い不可の素材には使えないことと、ひどいシワの場合には効果が表れにくい可能性があります。

 
 

シワになりにくい素材となりやすい素材

スーツの素材には、シワになりやすいものとそうでないものがあります。

・シワになりにくい素材:ウールなどの動物繊維、合成繊維など
・シワになりやすい素材:コットン、シルク、リネンなどの植物繊維、レーヨンなど

最近では形状安定スーツも販売されていますが、ウールとポリエステルなど、シワになりにくい繊維のいいところを合わせた素材を使用していることが多いようです。

 
 

シワを防止してスーツを長持ちさせる方法

スーツにアイロンをかけるビジネスマン

スーツのシワを取る方法だけでなく、せっかくですので、スーツを長持ちさせる手入れ方法も合わせて知っておきましょう。

・着回すスーツを複数用意して、1日着たら数日休ませる
・ジャケットとズボンを別々のハンガーにかける
・ジャケットには厚みのあるハンガーを、ズボンにはズボン専用のハンガーを使う
・ジャケットよりも消耗しやすいズボンは2着用意しておく
・スーツ着用後にブラッシングをして汚れを落とし、シワを伸ばす

スーツのシワを取るのはそう難しいことではありません。
スチームを上手に使えば、あまり手間をかけることなく簡単にシワを伸ばすことができます。
今回ご紹介した6つの方法を素材や状況に応じて使い分けてください。スーツがシワにならないような工夫を無理のない範囲で毎日の生活に取り入れれば、スーツを長持ちさせることもできます。

 
 

Fashion AT Men’s 会員様専用ご来店予約ページ