スーツを長持ちさせる3つの保管方法

スーツを長持ちさせる3つの保管方法

スーツをブラッシングしている男性

大切なスーツを長持ちさせるには、どのようにしてスーツを保管するのかが重要です。
良いスーツを手に入れたとしても、ずさんな方法で保管をしていては、着るときの印象も悪くなってしまいますし、すぐに傷んでしまいます。
スーツはしっかりポイントを押さえて保管するようにしましょう。
ここではスーツを保管する際のポイントをご紹介します。

スーツを長持ちさせる3つの保管方法

【保管方法1】スーツは着用後しっかりブラッシング!

着用後ハンガーにかけているだけでは、スーツはすぐに傷んでしまいます。
基本的にスーツの素材は天然ウール。
スーツは呼吸をしており、ホコリや汚れが付着している着用後にそのままにしておくと、生地の回復力が衰えてしまうのです。
着用後は必ずブラッシングをして、ホコリや汚れを落として保管するようにしましょう。
ブラッシングの際は、前身頃を上から下へ、なでるようにかけていきます。
肩はフケなどがつきやすい場所ですので特に念入りにブラッシングしてください。
前身頃が終わったら、

  1. 襟の内側
  2. 背中

と、順番にブラッシングしていきましょう。

【保管方法2】シワがついたらすぐ取ろう!

着用中についてしまったシワは、そのままにしておかずに、着用後はすぐに対処しましょう。
動きが多い肘や膝部分は、霧吹きで湿気を与えておけば、天然ウールの復元力で自然乾燥後にシワがとれます。

深くシワがついてしまった場合は、スチームアイロンをかけるようにしましょう。
ここで重要になるのが、スチームアイロンは直接かけるのではなく、少し浮かせてスチームだけを当てるようにすることです。
スチームの熱と湿気で、乾いたときにはシワが伸びてくれます。

【保管方法3】パンツは逆さまに吊るそう!

スーツを着た男性の上半身

スーツのパンツを2つ折りにしてハンガーにかけているという人も多いと思いますが、スーツを長持ちさせたいのであればこの方法はNGです。
スーツパンツは、ベルトループやポケットなどの影響で、ウエスト部分が重くなっています。
そのウエスト部分が下に来るように、つまりさかさまにして(裾の部分をクリップで留めて)ハンガーに吊るし保管しましょう。

そうすることで重力によりスーツが引っ張られ自然とシワが伸びますし、パンツのクリース(折り目)がしっかりついて、シルエットを綺麗に保つことができます。

保管方法に気を付ければスーツは長持ちする!

スーツを綺麗に長持ちさせるためには、保管方法に気を付ける必要があります。
ここで紹介したポイントを参考にして、大切なスーツを長く使えるようにしてくださいね。
当然、どうしても落ちない汚れやシワがついてしまったときは、すぐにクリーニングに出すようにしましょう。