スーツをお直しに出す前に! 知っておきたいポイントとは

スーツをお直しに出す前に! 知っておきたいポイントとは

スーツをお直しに出す前に! 知っておきたいポイントとは

スーツのお直し

スーツをそのまま購入しても体型はひとりひとり違うので、しっくり合うとは限りません。
このため、多くの人がプロにお直しを頼んで、サイズやデザインを自分に合わせます。
そこで今回はスーツのお直しでできることや知っておきたいポイントをまとめました。

スーツのお直しでできること

スーツのお直しは破れや擦れなどの補修やサイズを体型に合わせる基本的なことから、最新のシルエットにするなど、トレンドに合わせたお直しまで可能です。

スーツのサイズを変更して体型に合わせる

サイズが合っていないスーツ姿は清潔感がなく、だらしない印象に見えてしまいがちです。
裾丈やウエスト周りを詰めるだけで、スーツを自分の体型にジャストフィットさせることができます。

股上を浅くすることで腰回りをスマートに見せる

お尻がダボついてかっこ悪く見えるズボンも股上部分を浅くすることで、腰回りにピタッとフイットするシルエットに補修することができます。

肩パットを外し、スリムなアンコンショルダーのデザインに修正

以前は肩パッドの入ったスーツが主流でしたが、今は「アンコンショルダー」と呼ばれるノン肩パッドのシルエットが人気です。やぼったいひと昔前のスーツデザインも肩パッドを取って詰めれば、アンコンショルダーに生まれ変わります。

見せたいイメージに合わせてスーツを修正

スーツをお直しすることで、お好みのデザインに寄せたり、自分の魅力を引き出したりすることも可能です。
たくましい印象に見せたければ、「胸周りを詰めて胸板を強調する」、脚を長く見せたい場合は「足首に向けて細く絞る」など、細かい要望もある程度実現できます。

スーツをお直しする際のポイントとは

スーツのお直し

スーツをお直しに出す際は直してほしい個所やイメージをしっかり伝えることが大切です。
せっかくプロに頼むのだから、スーツのお直しのポイントを知っておきましょう。
また、縫込みの量やお直しの度合いによりましては、ご要望にお応えできない場合もございますので、ご了承くださいませ。

お直しの料金

スーツのお直しの料金は箇所や内容にもよりますが、ちょっとしたほつれや簡単なウエスト直しなどは大体2000円~5000円が相場なようです。
大幅に直す場合は、当店ではお直しの仮縫いをさせていただいております。
その場合は、10,000円以上になってしまいますが、ご満足度は大変高いです。

上着の腰回りの修正は注意が必要

最近はウエストが絞られた、スマートなシルエットのスーツが人気です。
上着のウエストさえ詰めれば、トレンドのデザインになると思いがちですが、そんなことはありません。上着のウエストを詰めただけでは、絞られたシルエットにならないのです。

正確にはウエストとバストの間の「中胴」と呼ばれる箇所を絞る必要があります。
無理に絞ると上着のサイズが合わなくなってしまうので、お直しに出す際にプロに相談してみましょう。

袖出しは1~2㎝伸ばすのが基本

上着の袖を長くしたい場合、袖口の余り生地を出すことで伸ばせます。
ただし、余り生地が少ないので、基本的には1~2㎝ほどしか出せません。どうしても2㎝以上出したいなら、別の箇所をお直しする方法もあります。

上着の袖は肩と接合されているので、肩から生地を出せば、さらに長く伸ばすことが可能です。
本切羽の場合も、肩からのお直しとなります。ただし、袖口からのお直しよりも料金的には高くなってしまいます。

パンツをスマートに見せる3つのお直し箇所

パンツをスマートなシルエットにお直ししたいなら、「ワタリ巾(太もも)」「ヒザ巾」、「裾巾」の3カ所を自分の脚の太さに合わせて修正しましょう。
ワタリ巾に余裕がなければ少し出し、裾巾を詰めると足首に向かって細くなるので、スマートなシルエットが実現します。

スーツのお直しは補修だけではありません。サイズやシルエットの変更、デザインのリフォームなど、実はいろいろなことができます。
お気に入りのスーツを長く着こなすためにもお直しを検討してみてはいかがでしょうか。