ワイシャツをパリッと決める! 洗濯のりの使い方

ワイシャツをパリッと決める! 洗濯のりの使い方

ハリのあるワイシャツ

パリッとハリのあるワイシャツに袖を通すと、なんだか身が引き締まるような気持ちになるもの。しかし毎回クリーニングに出すのは、ワイシャツをたくさん持っていないと難しいですし、経済的にもコストがかかります。 

自宅でハリのある美しいワイシャツに仕上げたい方は、「洗濯のり」でのり付けをするのがおすすめです。ここでは洗濯のりを使うメリットや、洗濯のりの使い方をご紹介します。

 

洗濯のりのメリットとは?

普通に洗濯をして、アイロンをかけただけでは、なかなかハリのあるワイシャツにはなりません。

そこで役に立つのが「洗濯のり」です。

洗濯のりには大きく分けて「天然のり」と「合成のり」の2種類があり、天然のりの主成分はでんぷんで、合成のりの主成分はPVA(ポリビニールアルコール)や合成でんぷんなどの化合物で作られています。

洗濯のりを使うメリット

洗濯のりを使うメリットは、何といってもワイシャツに使用することで生地にハリを与え、シワを防いでくれることでしょう。それに加え、生地の表面をコーティングしてくれる効果もあり、汚れやシミの付着を防いでくれるメリットもあります。 

コーティングの効果は1度洗えば取れてしまうものから、数回洗濯してもコーティングが落ちにくいものまで、製品によってさまざまです。

また、柔軟剤と同じ割合で使えば、パリッとしたハリとしなやかさ、よい香りを含んだ仕上がりにすることもできます。

 

洗濯のりの使い方は?

洗濯のりには乳液タイプ、ジェルタイプ、スプレータイプの3つがあります。

このうち乳液タイプは洗濯後の仕上げとして使用し、スプレータイプはアイロンがけの際に使用します。

それぞれの具体的な使い方をご紹介しますので、チェックしてみましょう。

乳液タイプ、ジェルタイプの使用方法

乳液タイプやジェルタイプの洗濯のりは、洗濯後にすすぎコースで使用します。

洗濯で汚れを落としてからのり付けをすることで、きれいな状態のワイシャツにのりがかかるという仕組みです。 

<洗濯のりの使用手順>

1.普段通りに洗濯をし終えたら、ほかの衣類を取り出し、ワイシャツだけを洗濯機に入れる

2.すすぎコースを選び、注水が終わったら規定量の洗濯のりを直接注ぐ

(洗剤投入口に入れると固まったり詰まったりしてしまうので、入れないように注意)

3.軽く脱水したら、ワイシャツを干して乾かす

洗濯のりの投入量を増減すると、ハリ具合を調節することができます。

洗濯のりのボトルの説明をよく確認しながら調節し、好みの仕上がりにしましょう。

スプレータイプの使用方法

スプレータイプの洗濯のりは、アイロンの熱でシワを伸ばしながらのり付けができるというものです。

乳液・ジェルタイプのようなすすぎとのり付けの工程が必要なく、手軽にワイシャツをパリッと仕上げられます。

ただし全体をのり付けするのは大変なので、袖や襟などの部分的な使用がおすすめです。

<のり付けの手順>

1.手で大まかにワイシャツのシワを伸ばし、スプレーのりをやや遠くから、ムラなく吹きかける

2.すこし乾かしたら、低温でアイロンがけをする(高温だと焦げ付きやすいため要注意)

スプレータイプは飛沫が飛び散りやすいので、アイロン台の下に新聞紙などを敷いてから作業すると、後片付けが楽になりますよ。

 

洗濯のりでパリッと仕上げて、ワイシャツを美しく着こなそう

ワイシャツ姿の男性

洗濯のりは、ドラッグストアやスーパーなどでも簡単に手に入れることができます。

ビジネス用のワイシャツはもちろん、フォーマルシャツなど「ここぞというとき」に着るものは、のり付けをしてから着るとスタイリッシュな印象に仕上がるはずです。ぜひ一度試してみてくださいね。

 

キャンペーンページはこちら