スーツクリーニングの汗抜きって必要?どんな効果がある?

スーツクリーニングの汗抜きって必要?どんな効果がある?

スーツをクリーニングする男性

クリーニング店でスーツをクリーニングする際、「汗抜き」をすすめられることはありませんか?

汗抜きは“スーツの汚れ”を落としきるのに重要な役割を果たすものであり、将来的にスーツの寿命に関わってくる場合もあります。

そこで今回は、スーツクリーニングの汗抜き加工をすべきなのか、どのような効果があるのかについてご紹介します。

 

スーツクリーニングでは「汗抜き」をした方がいい!

汗抜きは、スーツなどの生地に染み込んだ汗を落とす加工のことです。

クリーニング店でおこなわれているドライクリーニングは、スーツにもよく用いられます。

しかし、ドライクリーニングでは皮脂などの「油溶性の汚れ」は落とせるものの、水溶性の汗・しょうゆ・コーヒーなどの汚れまでは落とせません。

つまり汗抜きは「汗などの水溶性の汚れをしっかり落とす加工」というわけです。

汗抜きには大きく分けて2種類があり、水を使うもの・使わないものに分類されます。

どちらも専用の洗剤を使用しますが、水を使う汗抜きの場合は水洗いの工程が加わるため、汗以外の汚れ落ちが良くなります。

どちらの方法でお願いできるのかはお店によって異なりますが、ドライクリーニングで落ちない汚れを落とすには、かなり有効な手段であることには間違いありません。

よって、特別な事情がない限り、スーツクリーニングの際には汗抜き加工をお願いすることをおすすめします。

 

汗抜きをするとどのような効果がある?

汗抜きをすると、具体的にはどのような効果があるのでしょうか?

汗のニオイを落とせる

汗は生地に付着した瞬間はほとんどニオイを発生しません。しかし、時間が経つごとに雑菌が繁殖し、いやなニオイを発生させるのです。

汗抜きをお願いすると、繊維の奥の汗汚れ・ニオイをしっかり落としてくれるので、汗臭さがなくなります。

汗ジミ(黄ばみ)の防止

汗には皮脂などのたんぱく質成分が含まれており、生地に付着したまま放置すると化学変化によって黄色く変色します。これはいわゆる汗ジミというものですが、定期的に汗抜きをすれば、生地に汗ジミが発生するのを防ぐことができます。

生地の手触りが良くなる

汗が染み込んだスーツ生地は、ベタつき・ごわつきが気になるもの。汗抜きをして汗を落としてあげると、サラサラでしなやかな手触りが復活します。

カビ・虫食いを防げる

スーツに染み込んだ汗はカビ菌や虫のエサとなることが多いです。特に湿気の多い季節や、オフシーズンで長期間保管しているときなどは要注意です。ひとたびカビや虫の被害に遭えば、生地を傷めてしまうでしょう。

汗抜きでカビや虫の養分となる“汗汚れ”を取り去ってしまえば、生地を傷めるリスクも大幅に減らすことができます。

 

大事にしているスーツこそ汗抜きをしよう!

清潔なスーツの男性

毎日着用するスーツには、知らず知らずのうちに汗が染み込んでいます。

せっかくお気に入りのスーツを着ているのに、ニオイや黄ばみがあってはもったいないというもの。

また、汗を放置するとカビや虫食いで生地が傷み、スーツが着られなくなってしまう可能性もあるでしょう。 

スーツを着る頻度が高い方こそ、クリーニングのついでに汗抜きをお願いし、キレイにしてもらうことをおすすめします。

毎日着るスーツなら1ヶ月に1回、少なくともワンシーズンに1回は汗抜きをして、清潔さをキープできれば理想的ですね。

 

キャンペーンページはこちら