「センターベント」のスーツの特徴は? 由来や着こなし方をチェック!

「センターベント」のスーツの特徴は? 由来や着こなし方をチェック!

スーツのデザインにはセンターベントとサイドベンツという2つの種類があります。

ベントとはスーツの背中側のすそのデザインのことをいいます。ベントの形によってスーツのシルエットは大きく変わるため、細部のデザインにじっくりとこだわってスーツを選びましょう。

この記事では、センターベントのスーツの特徴を詳しくご説明いたします。

センターベントのスーツとはどのようなもの?

スーツのベントとは、後ろ側のすそにある切れ目の部分です。背中の中央のラインの下部に切れ目があるスーツのことをセンターベントと呼びます。

センターベントはもともと、イギリスで乗馬をする紳士が着やすい衣服として開発されました。乗馬をするときに衣装のすそを割って分けることができれば、乗馬をしたときに動きやすくなるのです。センターベントは日本では「馬乗り」と呼ばれることもあります。

センターベントのスーツは、かつては着丈が短めのものが主流でした。とはいえ最近では、お尻がある程度隠れるような少し長めの着丈のものも増えています。

センターベントのビジネススーツの特徴

センターベントのスーツには、すそが広がりにくいという特徴があります。

体を動かしたときや外で風に吹かれたときにジャケットのすそがほとんど広がることがないため、すっきりとスタイリッシュに着こなせるのです。

センターベントのスーツのシルエットはほっそりとしており、身につけたときにやや軽快でアクティブな印象になります。ビジネスシーンをはじめ、カジュアルなシーンにも取り入れやすいのが、センターベントの大きな特徴といえます。

現在日本で流通しているスーツは、サイドベンツよりもセンターベントのほうがやや多いといわれます。センターベントのスーツは日本人にとって、より馴染みのあるスタイルなのです。

センターベントのスーツが似合う人の特徴

センターベントのスーツは細身に仕上げられている物が多く、身に付けると若々しいイメージに仕上がるのが一般的です。そのため、センターベントは20代や30代のビジネスマンに特に似合います。

フレッシュな雰囲気を演出したいのなら、センターベントのデザインになっている細身のスーツを選んで着こなしてみましょう。

着丈がやや短いセンターベントのスーツは、腰元やヒップが引き締まった体型の人に最適です。ヒップの大きい人や腰に筋肉がついている人がセンターベントのスーツを着ると、下半身の太さが強調されてしまうことがあるので注意しましょう。

businessman-gray-back

センターベントとはその名の通り、背中のセンター部分に1本のベントが入ったスーツのことをいいます。

年齢やスタイルによって似合うスーツのシルエットは異なるものです。

自身に似合うスーツをどう選ぶべきかと迷ったときには、センターベントとサイドベンツのスーツを試着し、シルエットを比べてみるのがおすすめです。

キャンペーンページはこちら