スーツとワイシャツの袖丈を決める2つのポイント

スーツとワイシャツの袖丈を決める2つのポイント

スーツのシャツの袖をまくる男性①

既製品のスーツを選ぶ時に「袖が長すぎる(短すぎる)かも?」と感じたことはないでしょうか?
あるいは、オーダースーツを作ろうかなと思った時に「袖丈はどのぐらいがベストなのかな?」と疑問に感じることもあるかもしれません。

袖丈は、スーツを上手に着こなす上で重要なポイントの一つ。
それにもかかわらず、「どうやって決めるのが良いのかわからない」という方が意外と多いのです。

そこで今回は、スーツの袖丈の理想的なバランスについてご説明させていただきます。

スーツの袖丈を決める2つのポイント

1. ビジネスシーンでは長すぎても短すぎても×

スーツの袖丈は、好みや流行・そのスーツを着るシーンなどによって、さまざまに考えることができます。
プライベートで着るスーツであれば、ある程度好みを重視して決めて良いでしょう。
短めの袖で爽やかで軽快な印象を与えたり、長めの袖で腕をすらりと長く見せたりといったことも可能です。

ただし、ビジネスシーンで身に着けるスーツについていえば、袖が長すぎても短すぎてもあまり良い印象を与えません。
袖が短すぎると、カジュアルな印象が強くなります。
逆に、袖が長すぎると清潔感に欠ける印象を持たれやすいようです。

一般的には、スーツの袖丈は以下のような目安で決めるのが良いとされます。

  • 手首の外側の骨の出っ張りの部分に袖口を合わせる
  • 腕を下ろした状態で、親指の先からスーツの袖口が9~12センチ程度になるようにする
  • 腕を下ろした状態でてのひらが地面と水平になるように手首を返すと、スーツの袖が軽く手の甲に触れる丈にする

2. シャツの袖は約1cm見せるのがベスト!

スーツのシャツの袖をまくる男性②

袖丈について考える際にはスーツの袖丈だけではなく、中に着るシャツの袖丈とのバランスについても意識するのが大切です。

シャツの袖があまり多く出過ぎてはバランスが悪く見えてしまいます。
逆に、シャツの袖口がジャケットの袖に隠れてまったく見えないような状態だと、ジャケットの生地が素肌に直接触れ続けることになり、汗や皮脂などで傷みやすくなってしまいます。
その結果として、清潔でない印象を与えることにもなりかねません。

基本的には、腕を軽く下ろした状態でジャケットの袖口からシャツの袖が1センチほど見えるのが目安と考えましょう。
ダブルカフスシャツでカフスを見せたい場合などには、カフス部分に合わせて2センチ程度シャツを見せる丈でも問題ありません。

シャツとスーツの袖丈のバランスを合わせるには、スーツと合わせてシャツを購入することをおすすめします。
実際に着たときのバランスを見て確認することができるので、理想的なバランスになるはずです。

以上、スーツの袖丈の決め方についてご紹介しました。
袖丈が合っているか自分で判断できないという時は、お店の人に相談してみてください。
プロの目で確認してもらえば安心ですよ。