スーツに合わせるなら革手袋がおすすめ! 革手袋の上手な選び方とは

スーツに合わせるなら革手袋がおすすめ! 革手袋の上手な選び方とは

スーツを着た男性の上半身
寒い冬のスーツスタイルには手袋が必需品です。しかし、スーツに合わない手袋を選ぶと、ちぐはぐな印象になってしまうこともあるので、手袋は注意して選びたいですね。
スーツに合わせるのならばスタイリッシュな革の手袋がおすすめです。
この記事では、革手袋のメリットや、革手袋を選ぶときのポイントについて紹介します。

 

革手袋を選ぶメリットとは?

革の手袋は、身につけるだけでオシャレなスーツスタイルを演出できる便利なアイテムです。
革手袋の良さはなんといっても防寒性能の高さにあります。革は風を通しにくく、寒い日でもポカポカと指先を温めてくれますよ。
指先が冷えて乾燥すると手荒れが起きることもありますが、手袋で防寒していれば冬場の手荒れを緩和できるのが嬉しいですね。
革の手袋はしなやかで柔らかく、フィット感に優れているというメリットもあります。さらに、冬の大敵である静電気を防止できるのも革手袋を身につけるメリットの1つです。

革手袋の素材にこだわって選ぶ

革の手袋には、牛革や豚革、羊革や鹿革などさまざまな種類があります。羊革のものはしなやかで、クラシカルな雰囲気。鹿革製の手袋は正装のモーニングにも用いられる上品なアイテムなので、エグゼクティブな印象を演出できますよ。手袋を選ぶときには素材感にもこだわってみてくださいね。
レザーの手袋を長く愛用するためには、お手入れを欠かさないようにしたいものです。
お手入れといっても難しいことではなく、身につけたあとには形を整えて片付ける、こまめにブラッシングしておくといった簡単なメンテナンスでOKです。

 

手袋を選ぶときには色味にも着目しよう

革の手袋を選ぶときには派手なものを避け、どんなスタイルにも合わせやすいカラーのものを選びましょう。ブラックやブラウン、ネイビーやグレーの革手袋を選べば、どんなスーツやコートを身につけているときにもしっくりきます。
靴やベルト、マフラーのカラーとリンクさせるコーディネートもおすすめですよ。
ブラウン系のマフラーと手袋を合わせたり、コートと靴、ベルトと手袋をモノトーンでまとめたりと、ファッショナブルに楽しみましょう。

革手袋の縫製やフィット感もチェック

革手袋の縫製やフィット感もチェック

革手袋を選ぶときには、縫製もチェックしておきたいものです。手袋には縫い目が表側に出るスタイルのものと、内側で縫い合わせるタイプのものがあります。
縫い目が外側にあるものは無骨な雰囲気に、縫い目が内側のものはしなやかな印象になります。
革手袋は実際に試着して、つけ心地やスーツとの相性をチェックしながら選びましょう。
革手袋は使い込むうちに少し伸びてフィットしやすくなるので、少し小さいサイズのものを選ぶのがポイントです。

革手袋は、身につけるだけでスーツ姿をスタイリッシュに演出できる嬉しいアイテムです。
スーツスタイルにはぽかぽかと温かい革の手袋を合わせて、冷え込む冬を乗り切りたいですね。
革の手袋を選ぶときには素材感や縫製、カラーなどを細かくチェックし、愛用できるものを購入してみてくださいね。

 

 

Fashion AT Men’s 会員様専用ご来店予約ページ