スーツに似合う2つのハットの選び方

スーツに似合う2つのハットの選び方

スーツ生地を背にしたスーツの男性

かつては、スーツにハットを合わせるのが上流階級の正装とされていました。
スーツにぴったり似合うハットを選べば、スタイリッシュな着こなしを楽しむことができます。
どんなハットが似合うかは、体格や顔立ちによっても変わってくるものです。
この記事では、スーツに似合うハットの選び方について紹介していきます。

ハットを選ぶための基礎知識

スーツに合うハットを選ぶためにもまずは、ハットの部位について正しく理解しておきましょう。
ハットのつばにあたる部分はブリム、かぶったときに頭を覆うふくらみの部分はクラウンと呼ばれます。

ハットのてっぺんは、トップまたはトップクラウンと呼ばれており、この部分がへこんでいる状態をフロントピンチまたはつまみと呼びます。
ハットの部位の大きさや形で、かぶったときの印象は大きく変わるものです。

スーツに似合うハットの選び方とは?

スーツに似合うクラシカルなハットというと、中折れ帽を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。
中折れ帽はトップが折り込まれており、クラウンのまわりにはリボンなどが巻かれているおしゃれなデザインで、フォーマルなスーツ姿にぴったりです。

丸い形が特徴的なポーラーハットは、かぶったときに高さが出やすくなります。
ハットのトップにぐるりと溝を作ったようなポークパイハットも、洗練された印象になると人気。

また、スタイリッシュなハンチングやキャスケットでスーツを適度に着崩して、カジュアルスタイルを楽しむ方もいます。
ハットをまっすぐではなく斜めにかぶって、こなれ感を演出するのも素敵ですね。

【スーツとハットの選び方】顔立ち編

どんなハットが似合うかというのは、個々の顔立ちによって変わります。
丸顔の方には、クラウンが丸いものや、平たくまっすぐになっているハット、トップにボリュームのあるハンチングが似合います。
顔が四角いシルエットの方ならば、クラウンが角ばっているものや、ブリムが大きめのものを選ぶと良いでしょう。

あえてハットにボリュームを出すことで、顔の大きさがカバーできるので、小顔効果が得られるのです。
あごのラインがシャープで面長の方は、細長いシルエットになるようなハットや、クラウンがへこんでいるハットを目深にかぶるとバランスがとりやすくなりますよ。
高さを強調しない華奢なハットを選ぶのもおすすめです。

【スーツとハットの選び方】体型編

ハット2つ

ハットを選ぶときには、体型も考慮するとよいでしょう。
背が低めの方ならば小さめのハット、背が高い方はやや大きめのハットを選べば、バランスよくスーツを着こなせます。
身長が低くても恰幅がいい方ならば、ブリムが大きめのハットもよく似合いますよ。

スラリとスリムな体格の方には、スタイルをさらによく見せてくれるコンパクトなタイプのハットがおすすめ。
ハットを選ぶときには、実際にスーツに合わせて試着するのが一番です。

ハットを組み合わせてスーツを魅力的にしよう!

このスーツにはどんなハットが似合うかな?とあれこれ試すひとときも楽しいものですよね。
あなたらしいハットを取り入れて、スーツ姿をさらに魅力的なものにしてみましょう。