ビジネスシーンでも着用できる? ニットタイについて

ビジネスシーンでも着用できる? ニットタイについて

並べられた6種類のニット生地
少しカジュアルなイメージが強いニットタイ。ビジネスの場でニットタイを着用していいのか、悩んでいる方も多いのではないでしょうか? しかし、選ぶニットタイの種類によっては、ビジネスシーンでの着用も可能です。
そこで今回は、ビジネスシーンでのニットタイ着用マナーや、着こなし方をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

 
 

ニットタイってどんなもの?

ニットタイとは、編み地で作られたネクタイのことで、20世紀前半に登場しました。
一般的なネクタイとの違いとしては、素材から得られる印象です。
一般的なネクタイには上品な光沢感があり、着用するとその人の表情を引き締めてくれる効果があります。

それに対し、ニットタイは遊び心や「はずし」の要素が強く、編み地ならではの素材感で柔らかな表情にしてくれます。
ニットタイのデザインは、剣先が水平に切られたスクエアエンドのものが多く、太さは細めのナロータイが人気です。
ただし、細めのデザインは「はずし」の要素が強いため、着用シーンを選びます。
素材はシルクが多く、他にもコットンやウールのものもあり、季節で使い分けることができます。

ビジネスシーンでのニットタイ着用マナー

最近では日本の企業でも、クールビズ・ウォームビズを取り入れているところが増えており、ビジネスシーンでもニットタイは受け入れられるようになってきました。

しかし、カジュアルなイメージの強いニットタイは、使用するシーンによってはNGです。オフィスの雰囲気や取引先の服装への厳しさなど、使用するシーンはご自身で留意する必要があります。
ニットタイをビジネスシーンで取り入れる場合は、色やデザインに気をつけましょう。

色はブラックやネイビー、グレーなどのダーク系で、無地のものから取り入れるのがおすすめです。
また着こなし方にも気を配ることが必要で、緩く締めるタイドアップで着崩すのは避けたほうがいいでしょう。
タイピンやポケットチーフを取り入れることで、品のあるフォーマルスタイルに仕上げることができます。

 
 

ニットタイはデザインで印象が変わる

ニットタイのデザインには、無地・ボーダー・ドットなどがあるので、スーツや着用シーンに合わせて使い分けるといいでしょう。
ビジネスシーンでも取り入れやすいのが無地で、チェックのスーツに合わせるとお洒落に着こなすことができます。
ストライプのシャツにもよく合い、さまざまなコーディネートが楽しめます。
ボーダーは配色によって印象を変えることができ、グレーのスーツや明るい色のスーツによく合います。

ポップな印象で遊び心があるドット柄は、ワンランク上のお洒落なスーツスタイルが楽しめるでしょう。
親しみやすさのあるドット柄ですが、ビジネスシーンで取り入れるのであれば小さめのドットをおすすめします。

素材を選べばニットタイはオールシーズン使えるアイテム

ゴールドのニットタイをしている男性
秋冬のイメージがあるニット素材ですが、季節によって素材を使い分けることにより、一年を通して楽しむことができます。
オールシーズンで使用でき、種類が豊富なのはシルク素材のものです。ビジネスシーンでも取り入れやすいので初心者の方におすすめです。
春夏でも爽やかに着こなせるのが、コットン素材のもの。明るい色のものを選べば、さらに清涼感が出ます。
これからの季節にぜひ取り入れたいのがウール素材のもの。秋冬はダークトーンのスーツが中心になるので、ウール素材にすることで温かみのあるコーディネートになります。

親しみやすく遊び心のあるニットタイ。さまざまな色やデザインがあるので、季節やシーンに合わせてコーディネートを楽しんでください。
新しくニットタイを取り入れ、毎日のコーディネートに変化を与えてみてはいかがですか?
その際には、今回紹介したビジネスシーンでの着用マナーを参考にしてみてくださいね。

 
 

 

Fashion AT Men’s 会員様専用ご来店予約ページ