知っておきたいポケットチーフの色の合わせ方

知っておきたいポケットチーフの色の合わせ方

ポケットに手をかけるスーツの男性
スーツの胸ポケットに入れるポケットチーフ。ビジネスシーンはもちろん、結婚式などフォーマルな場でも、スーツ姿をよりカッコよくしてくれます。しかし、ポケットチーフはただ入れておけばいいというものではありません。色や柄を慎重に選ばなくては、かえってちぐはぐになってしまいます。
ここではスーツ姿をより洗練されたものにするために知っておきたい、ポケットチーフの色の合わせ方をご紹介します。

 

シャツの色と合わせる

ポケットチーフの合わせ方のひとつが、シャツの色と合わせるというものです。
ホワイトのシャツの場合はホワイトのポケットチーフを入れるようにしましょう。ポケットチーフを初めて使うという方でも安心して組み合わせることができる王道の合わせ方ですよ。
柄のあるシャツを着ている場合であっても、同系色のものにすれば、ポケットチーフにも柄を入れる必要は基本的にはありません。

 

ネクタイの色に合わせる

Vゾーンはスーツを着こなすうえで重要となる部分ですが、そのVゾーンで大きな存在感を放つのがネクタイ。
そのネクタイの色とポケットチーフを合わせることで、全体の雰囲気が調和され、まとまりのあるスーツ姿に見せることができるようになります。
まったく同じ色にするというのもひとつの手ですが、同系色にして、色の濃淡の違いを出すことによってセンスの良さを感じさせる着こなしにすることも可能です。
ネクタイに柄がある場合は、統一感を出すためにも、ポケットチーフの柄を揃えるようにしましょう。
ストライプならストライプ、ドットならドット、無地なら無地、など、統一感を出すことでより洗練された雰囲気にすることができます。

 

あえて色を合わせないという手もある

腕を組む男性

シャツの色やネクタイの色と合わせるのが常とう手段ですが、上級者であれば、あえてシャツ、ネクタイ、ポケットチーフの色を合わせないという方法があります。
ただし、この場合は全身のコーディネートに気を使って、色合いのバランスをしっかりとらなくてはいけません。
コーディネートのポイントは、ポケットチーフが差し色の役割を担えるようにすること。
たとえばブルーのシャツに、ネイビーのネクタイをして、グレーのストライプジャケットを羽織っているところに、ビビッドグリーンのポケットチーフを入れるなどがおすすめです。
全体的に落ち着いた色合いのところに目を引く色を加えることで、遊び心を演出できますよ。

ポケットチーフを胸ポケットに入れるだけで、スーツ姿をより洗練されたものに演出することができます。
ポケットチーフを使い始めようと考えている方は、ここで紹介した色の合わせ方を参考にしてみてください。

 

Fashion AT Men’s 会員様専用ご来店予約ページ