スーツに合う靴下の色の選び方

スーツに合う靴下の色の選び方

黒のスーツと革靴と靴下

スーツやシャツのように人からしっかり見える所は、慎重になって着るものを選びます。

しかし、せっかくスーツやシャツは注意して選ぶのに、靴下にはあまり気をつかっていないなんてことはありませんか?
たかが靴下と思っているかもしれませんが、椅子を座った時などにちらっと見える靴下が似合っていないと、せっかくのコーディネートが台無しです。

今回は、スーツに合わせる靴下の選び方について紹介します。

靴下の色はスーツに合わせるのが基本!

靴下を見せて足を組むグレースーツの男性

靴下は、西洋の文化から生まれたものであり、パンツと靴の間を埋める要素として考えられております。

靴下の色はスーツと革靴に合わせるのが基本なので、同じ色を選ぶのが鉄則です。

また、同じ色ではなくても、スーツと革靴をつなぐような違和感のない色を選ぶのもいいでしょう。
それらを踏まえて、次のようなコーディネートをオススメします。

黒靴下+黒スーツ+黒革靴

基本にそったコーディネートです。

グレー靴下+ライトグレースーツ+黒革靴

スーツと革靴をつなぐような色のコーディネートです。

濃紺靴下+紺色スーツ+黒革靴

紺色スーツには濃紺色の靴下が似合います。

スーツの靴下を選ぶのに迷った場合は?

スーツの黒い靴下

「スーツに似合う靴下を選びたいけど何を選んだらよく分からない」ということはありませんか?
そういう時は、

  • 濃いグレー
  • 濃い紺
  • 無地から目立たないシンプルな柄

を選んでいただくと、合わせやすく失敗しにくくなります。
地味だと思うかもしれませんが、地味だからこそスーツとコーディネートがしやすいのです。
また無地は、見た目がシンプルで嫌味がなく清潔感もあるので、それがかっこよく見えることもあります。

出勤前に選ぶのが面倒だと思うようでしたら、ぜひ試してみてください。

やってはいけない選び方

人は意外と足回りを見ています。
せっかくスーツをかっこよく着こなしているのに、ちらっと見えた靴下が良くないと残念な気持ちになります。
それではどういった靴下を選んではいけないのでしょうか。

靴下の色

学校の制服では、校則で白色の靴下を履くことも多かったでしょうが、ビジネスの場でのフォーマルの装いとしてはマナー違反になります。
また、青や茶色のような明るくも暗くもない色は、スーツや革靴によってはカジュアルな印象になります。
パーティなどの場でドレスアップする場合は問題ありませんが、ビジネスの場には不向きです。

靴下の形状

靴下はパンツと靴をつなぐものなので、素肌が見えてはいけません。
くるぶしから上の長さが短い形状の靴下だと素肌が見えてしますので、くるぶしの上の長さが15センチほどある靴下を選びましょう。
また、靴下の生地が薄すぎると、靴下からすね毛が出てきて見苦しくなります。
その一方で、分厚すぎても安っぽく見えてしまうので、適度な厚みの靴下を選ぶようにしましょう。

スーツの靴下にこだわればビジネスの成否に関わる!?

マナーは、いかに相手を不快な気持ちにさせないかということが大切です。
靴下のように見えにくい所へのこだわることで、ビジネスの成否にも関わってくるかもしれません。
スーツやシャツだけでなく、ぜひ靴下にもこだわってみてください。