重ね着で洗練された雰囲気に! スーツに合わせるセーターのコーデ術

重ね着で洗練された雰囲気に! スーツに合わせるセーターのコーデ術

スーツとセーターを着た男性
寒い冬場に暖かく仕事をするためには、服装に工夫を加えたいですね。
しかし「とにかく着込もう」と衣服を重ね着すると、着ぶくれして見栄えが悪くなってしまうこともあります。
冬のスーツスタイルには、セーターを合わせてオシャレなイメージを演出するのがおすすめです。
今回はスーツに合わせるセーターの選び方やコーディネート術を紹介します。

 

スーツに合わせるセーターの選び方

冬のスーツスタイルにセーターを合わせるときには、ビジネスシーンに適したものを選ぶことが重要です。
柄の入ったセーターはカジュアルになりすぎるので、スーツスタイルにはあまり合いません。

ざっくり編みやオーバーサイズのセーターもだらしなく見えるため避け、編み目の細かいハイゲージニットを選びましょう。
スーツに合わせるのなら、無地でジャストサイズのセーターを選ぶのが無難です。ベーシックなアイテムを選べば、スーツスタイルにきちんと感が出ます。

 

濃い色のセーターで落ち着いた雰囲気に

スーツに合わせるセーターの色に迷ったときには、スーツと同系色のものを選びましょう。
ブラックやグレー、ネイビーのセーターはどんなスタイルにも合わせられる無難なカラーです。
ブラックのスーツにはブラックやグレーのセーターを、ネイビーのスーツにはネイビーのセーターを合わせれば落ち着いたイメージに仕上がります。
濃い色のスーツに濃い色のセーターを合わせると平面的な着こなしになりがちです。
ブラックやグレーのセーターを着るのなら、シャツやネクタイは少し明るめのカラーを選びましょう。

 

差し色のセーターで着こなしに変化をつける

気分に合わせて、スーツの差し色となるセーターを選ぶのも素敵ですね。
差し色で洗練された印象に仕上げたい方は、濃いグリーンやブルー、ブラウンやワインレッドのセーターがおすすめです。
ホワイトのセーターで明るい雰囲気に着こなすのも素敵です。
華やかな印象を演出したいときには暖色系、クールなイメージを与えたいときには寒色系のセーターを身につけるなど、TPOに合わせて着こなしに変化をつけてみましょう。

 

スーツ×セーターの上級コーディネート術

ベーシックなセーターは、無地のスーツだけでなく、チェックやストライプのスーツにもよく似合います。
冬ならではのフランネルやツイードのスーツにセーターを合わせれば、温かなイメージになります。
トラディショナルなグレンチェックのスーツや、近年流行しているバーズアイのスーツにセーターを合わせ、上品に着こなしましょう。

腕時計をした手をポケットに入れている

セーターは単なる防寒用の衣服ではなく、着こなし方によってさまざまなおしゃれを楽しめるアイテムなのです。
ビジネスシーンでスーツにセーターを合わせるときには、カジュアルになりすぎないよう心がけ、上品に着こなすのがポイントです。
セーターを上手に取り入れて、冬のおしゃれの幅を広げてみてくださいね。

 

Fashion AT Men’s 会員様専用ご来店予約ページ