2021年の「クールビズ」はいつまで? 期間中の着こなしマナーとは

2021年の「クールビズ」はいつまで? 期間中の着こなしマナーとは

近年ではすっかりクールビズという言葉が浸透し、暑い時期に爽やかなスタイルで街を歩くビジネスマンが増えてきました。

現在多くの企業で取り入れられているクールビズですが、そもそもクールビズの適用期間はいつ頃なのでしょうか?

ここではクールビズの定義や具体的な期間、着こなしのマナーについて詳しく解説していきます。

クールビズの期間はいつからいつまで?

地球温暖化対策の一環として、環境省がクールビズを提唱したのは2005年のことです。クールビズの定義とは、夏に28度以上の室温に対応できるよう、ネクタイや上着をなるべく着用しない服装を選ぶことをいいます。

環境省はこれまで、クールビズのおおまかな期間を提示してきました。たとえば2020年のクールビズ期間は51日から930日までとされていました。

しかし2021年度以降は、環境省はクールビズ期間に関する特別なアナウンスをしていません。

これは、クールビズの文化が十分に根づいたことの現れといえます。今後は個々に、または企業ごとにクールビズの実施時期の判断をし、実践していく必要があるのです。

多くの企業では例年通り、5月の頭から9月末までをクールビズ期間と定めています。2021年以降は、この時期をクールビズ期間の目安と考えれば間違いないでしょう。

クールビズ期間には涼しい服装を選ぶことが大切

クールビズの期間には、少しでも涼しさを感じられるような服装を着用することが大切です。また、オフィスの室温を28度程度に保つことや、窓辺の日差しをブラインドや緑のカーテンなどで遮ることもクールビズ対策の一環です。

暑い時期にネクタイを巻いてスーツをかっちりと着こなしていると、暑くて仕事に集中できないおそれがありますます。クールビズの時期には、通気性がよく着心地に優れた軽装を心がけましょう。

ただし、クールビズとラフな服装は少し違います。暑いからといって着崩したような服装をすると、周囲に与える印象が悪くなってしまうので注意しましょう。

クールビズ期間の着こなしマナーをチェックしよう

クールビズ期間には、ビジネスシーンにふさわしい服装を意識しましょう。

半袖のボタンダウンシャツのほか、使い勝手のいいポロシャツやビズポロもぜひ取り入れたいものです。カジュアルすぎないブルーやグレーのもの、無地のものを選び、洗練された着こなしに仕上げましょう。

パンツはスラックスでもいいのですが、あえてチノパンを合わせるのもおすすめです。

ジャケットを着る場合にはテーラード型のものを選びます。ラペルに幅があるものを選べば、ラフすぎる印象になるのを避けられます。

businessman-confirming-schedule

クールビズの期間がいつまでなのかに関しては明確な取り決めはありませんが、一般的には9月末くらいまでをクールビズ期間とするケースが多いといいます。

暑い時期には、爽やかなイメージのクールビズスタイルを積極的に導入したいものです。礼儀やマナーを意識し、ラフすぎないスタイリッシュなアイテムを選びましょう。

キャンペーンページはこちら