30代からはスーツ選びにもコツが必要? お洒落に見せるポイント

30代からはスーツ選びにもコツが必要? お洒落に見せるポイント

30代になると、20代の頃に自分の好みで選んでいたスーツがしっくりこなくなり、どのようなスーツを選んだらよいのか悩まれる方も多いのではないでしょうか。

 

30代のビジネスマンは、若手社員のポジションから外れて役職が着き、フレッシュな後輩社員の手本となる「ふるまい」が求められます。

そのため、スーツ選びにおいても年齢にふさわしい、シーンに合った着こなしが求められます。

 

そこで今回は、30代のスーツ選びにフォーカスし、30代の男性がスーツを選ぶ際のポイントと、おすすめのスーツの例についてご紹介していきたいと思います。

30代男性のスーツ選びのポイント

30代では、後輩を率いて社外の客先へ訪れる機会も増えるなか、ビジネスマンとしての経験値に見合った、落ち着きと信頼感を見た目にも印象付けたいものです。

 

1.落ち着きのある色

スーツの色選びでは、ビジネススーツの基本色となる「ブラック」「ネイビー」「グレー」のほか、「ダークブラウン」や「ダークネイビー」といったダークトーンのスーツを取り入れるようにしましょう。

 

2.素材にこだわる

30代になると、20代のスーツよりも素材への拘りが重要です。

ポリエステルなど化学繊維の割合が多いものよりも、ウール素材の方が柔らかく見た目の風合いも良いでしょう。

また、季節に合ったスーツを着用するようにしましょう。

 

3.シルエットの変化

20代ではスリムなスーツが活動的な印象を与えてくれましたが、30代のビジネスマンには、細身のベースに若干のゆとりを持たせたシルエットが、品よく落ち着きのある印象を与えてくれます。

 

4.シーンに合わせたスーツ選び

30代になると、社内業務や外回り・出張のほか、重要なプレゼンや会議といった活躍の場も増えてきます。

外回りや出張では、シワになりにくくストレッチの効いた素材、重要なプレゼンや会議などの人前に出るシーンには、高級感のある素材や肩パッドで立体的なシルエットが重量感を与えるスーツを選ぶようにしましょう。

30代のおすすめスーツ例は?

30代におすすめのスーツは、20代よりもトーンの落ち着いた色・柄と、艶感のある素材です。

 

定番の「ダークネイビー」のほか、落ち着いたなかにも優しい印象を与える「アースカラー」のひとつ「ダークブラウン」のスーツは、周りにも信頼感を与えてくれるでしょう。

柄はストライプのなかでも、主張し過ぎず落ち着いた印象の「ピンストライプ」や知的な印象の「ペンシルストライプ」がおすすめです。

 

また30代では、大人の品格の仲間入りとして、ボタンが2列に配置された「ダブルスーツ」に挑戦されるのもよいでしょう。ワンランク上の風格を与えることが期待できます。

30代のスーツ選び

ビジネススーツは、2万円前後から数十万円と幅広い価格帯で展開されていますが、30代にふさわしい高品質なスーツは、4万円~7万円程度で販売されているものが中心となります。

 

仕事で培った実績を、適したスーツ選びによって周囲に印象付けてみませんか。

キャンペーンページはこちら