真夏・晩夏のビジネスカジュアルはどう着こなす?

真夏・晩夏のビジネスカジュアルはどう着こなす?

暑さのピークを迎える真夏から晩夏にかけての時期。

この時期のオフィスカジュアルやクールビズなどのビジネススタイルは、気づかないうちにだらしないスタイルへと変化してしまうことがあります。

 

そこで今回は、きちんとした印象をキープしつつ涼を求める真夏や晩夏のビジネスカジュアルについて、おすすめのコーディネートや注意ポイントをご紹介いたします。

 

暑い時期でも、お洒落意識を失わずに夏の暑さを乗り切りましょう。

真夏・晩夏のビジネスカジュアルコーディネート

暑い季節でもジャケットの着用が求められる場合は、インナーを襟付きシャツの代わりにTシャツを選択するのがおすすめです。インナーは襟付き以外NGという規則がなければ、思い切ってシンプルなTシャツやカットソーを合わせたコーディネートにすることで、見た目も涼し気な印象になります。

 

Tシャツやカットソーは、白系やブルー系、淡いグレー系、ベージュ系などのシンプルな無地を選びます。サラッとした素材でシワや汗ジミが気にならないものを選びましょう。

 

ジャケット着用が不要な場合は、シャツだけできちんと感が見えるものを選びます。

水色から紺色までのブルー系統のワイシャツやビズポロシャツで、型崩れしていないものを用意しましょう。通気性、吸湿性、速乾性の高いもの、そして形状記憶など機能性の高いものがおすすめです。

 

スラックスはウールやコットン素材を中心にポリエステルやリネンがブレンドされている生地を選びます。速乾性が高くサラッとした肌ざわりをキープしやすいでしょう。

 

足元は、ローファーを選ぶことで夏でも爽やかな着こなしが可能です。シューズから靴下が見えないタイプの靴下を合わせることで、涼し気ながらおしゃれ感を演出できるでしょう。

暑い時期の着こなし注意ポイント

暑い時期でもだらしない印象を与えず、爽やかスタイルをキープするためには、サイズ感が重要です。普段はジャケットで隠れているワイシャツやビズポロシャツも、単体で着用する機会が増えます。暑い時期はゆったりとしたサイズを選びがちですが、ほどよいサイズ感のものを着用しましょう。

 

また、薄着ならではの注意ポイントとしては、インナー選びも注意したいものです。

インナーが透けて見えてしまったり、ワイシャツやビズポロシャツの襟元からインナーがはみ出してしまったりしないようにしましょう。

 

汗染みはインナー選びによって防ぐことができます。速乾性のある素材を選び、汗がシャツなどにできるだけ響かないようにすることで、見た目的にも爽やかさをキープすることができるでしょう。

夏のビジネスカジュアル

真夏や晩夏のビジネスカジュアルについて、おすすめのコーディネートや注意ポイントをご紹介しました。

 

暑さのピークを迎える真夏から晩夏においても、ビジネススタイルではきちんとした印象をキープしたいものです。

注意ポイントを意識して、できるだけ爽やかに暑さを乗り切りましょう。

キャンペーンページはこちら