秋のビジネスカジュアル着こなし術! 垢抜けて見せるポイントは?

秋のビジネスカジュアル着こなし術! 垢抜けて見せるポイントは?

暑さが和らぎ秋の気配を感じるころ、ビジネスシーンで秋の着こなしについて悩まれる方もいらっしゃるようです。

 

オフの日は、秋らしいアイテムと取り入れるなどお洒落が楽しい時期ですが、ビジネスカジュアルの場合は、どのようなコーディネートが適しているのでしょうか。

 

そこで今回は、秋のビジネスカジュアルの着こなし術を紹介いたします。

ジャケットをつかった基本のコーディネートから、着こなしを垢抜けて見せるコツについても紹介するので、参考にしてみてください。

 

秋のビジネスカジュアルの着こなし術

夏の時期にジャケットを着用しなかったという方も、秋になったらジャケットを合わせるのがおすすめです。カジュアルと聞くとジャケットに柄物を選ぶ方も多いのですが、着こなしやすさから選ぶのなら、やはり無地のジャケットです。

秋のコーディネートと迷ったら、まずは無地のジャケットを基本にしましょう。

 

ジャケットのインナーには、薄手のニットがおすすめです。細い糸で織られたハイゲージニットなら、光沢感もあり上品に着こなすことができます。色味はブラックやネイビー、ホワイト、ベージュを基本に、ジャケットと同系色のものを選ぶとよいでしょう。

 

パンツはカジュアルになり過ぎないようにジャケットと同系色のスラックスやチノパンを選ぶようにするとコーディネートしやすいでしょう。

秋のビジネスカジュアル 垢ぬけるコツとは?

ビジネスカジュアルで垢ぬけるための第一のコツは、サイズ感を意識することです。

上下スーツとワイシャツでは、組み合わせのサイズ感に失敗することがなくても、ジャケットとインナー、パンツとアイテムをバラバラで購入すると、全体がまとまらない印象になってしまいがちです。

特に、大きすぎるインナーをジャケットの下に着用してしまうと、袖や裾からインナーが出すぎて野暮ったい印象となり、パンツが太すぎることでもバランスが崩れてしまいます。

 

ビジネスカジュアルのアイテムを増やす際は、合わせたいアイテムを着用していくことをおすすめいたします。

 

また、カジュアルながらも上品さを損なわないためには、無地でツヤ感のあるインナー選びましょう。そうすることで、柄もののジャケットを合わせる場合においても、カジュアル過ぎずにビジネスシーンに適した着こなしをキープすることができるでしょう。

秋のビジネスカジュアルコーデ

秋のビジネスカジュアル着こなし術についてご紹介しました。

秋は着用するアイテムが増える分、色や素材感に注目することで、カジュアル過ぎないコーディネートをキープするようにしましょう。

キャンペーンページはこちら