商談をスーツでかっこよく決めたい! 営業職の着こなしマナーを解説

商談をスーツでかっこよく決めたい! 営業職の着こなしマナーを解説

人の印象は第一印象で大きく左右され、営業職の場合はスーツの着こなしマナーがキーポイントとなります。

いくら賢い営業マンでも、スーツの着こなしがマナーに合っていないと、お客様に好印象を与えることは難しいでしょう。

 

そこで今回は、営業職なら押さえておきたいスーツの着こなしマナーについてご紹介します。お客様へ好印象を与えられるスーツの着こなしについてもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

営業職の着こなしマナー

営業職の着こなしマナーは、業種や社風によっても多少左右されますが、基本的なマナーをまずはしっかりと把握し、そのうえで社内の雰囲気に合わせるのがおすすめです。

 

基本的マナーでは、第一印象で信頼感を伝えられることが重要となります。

具体的には、次の3点に注意するようにしましょう。

 

1.清潔感があること

スーツやワイシャツに汚れやシワがあると、だらしなく見えてしまいます。

特に袖や襟元は汚れやシワが付きやすいので注意しましょう。

汚れやシワのない状態で着こなすことで、自己管理がしっかりできる人として見られ、信頼感に繋がります。

 

2.サイズが合っていること

自分に合ったサイズのものを着ていないと、客観性のないアバウトな人と見られてしまいます。スーツの着こなしにはサイズ感が重要だということも覚えておきましょう。

 

3.シンプルな色柄であること

アパレル業界の営業でない限り、スーツの色や柄が派手なものは、なかなか万人受けされません。たとえ自分が良いと思うデザインであっても、マナーを知らない営業マンだと受け止められかねません。

多くのお客様から信頼されるためには、シンプルな色柄のものを選ぶようにしましょう。

相手に好印象を与える着こなしとは?

【スーツ】

スーツの色・柄の落ち着いたものを選ぶのが基本です。

相手に好印象を与えてくれるおすすめの色は、濃いネイビーや濃いグレーです。

 

濃いネイビーは、信頼感や清潔感、謙虚さ、を演出してくれます。明るいネイビーとなると、若々しいイメージとなります。

濃いグレーも、信頼感のほか落ち着いた堅実な印象を相手に与えてくれます。グレーもネイビーと同様で、色が明るくなるにつれ、若々しくカジュアルな印象となります。

 

柄は無地または、ストライプがおすすめです。ストライプのなかでも、線が太目よりも細目の方が、信頼感を与えられるでしょう。

 

【ワイシャツ】

ワイシャツの色は、基本は清潔感のある白色を選びましょう。淡いブルー色も爽やかさと誠実さを演出できてよいでしょう。どちらも、ネイビーやグレーのスーツとよく合います。

 

【ネクタイ】

ネクタイはスーツに合うものを選ぶことが大切です。基本的に、スーツと同系色のカラーでまとめると、落ち着いた好印象となります。

また、ネクタイの生地は、ペラペラなものではなく厚みのあるものを選ぶのがおすすめです。

 

【靴】

靴は本革のものを選び、手入れをこまめに行うようにします。

足元は意外と見られています。本革で手入れをきちんと行えば、よく足に馴染んで長持ちします。

営業職のスーツ

優秀な営業マンは、スーツの着こなしに気を配るものです。

マナーに沿った着こなしでデキる男の印象を与え、好感度アップを狙いましょう。

キャンペーンページはこちら