結婚式に出席する際のスーツの着こなし方!

結婚式に出席する際のスーツの着こなし方!

結婚式に出席する際のスーツの着こなし方!

スーツに合うネクタイを選ぶ男性

結婚式に参列する際、どのようなスーツを着ていけばいいのか迷う方も多いでしょう。
シャツやネクタイにもマナーがあるため、注意が必要です。
そこで今回は、結婚式に出席する際のスーツの着こなし方について解説していきます。結婚式に参加する前にぜひチェックしてみてください。

結婚式におすすめのスーツの色

ダーク系がおすすめ

結婚式では、黒無地のスーツが最適です。
黒無地のスーツは、冠婚葬祭すべてのシーンで使えるので、1着あると便利でしょう。
普通の黒いスーツよりも黒味が濃いため、高級感がありフォーマルな場でもしっかりとした印象を与えます。
ただし、カジュアルな身内だけの結婚式の場合、濃いネイビーやチャコールグレーなどダークカラーのスーツでもよいでしょう。

明るめはNG

参列者は、主役の新郎新婦より目立つような服装は避けましょう。
特に、新郎が着るような明るいグレーのスーツなどはNG。あくまで参列者は引き立て役、ということを忘れずにいることが大切です。

結婚式のおすすめのシャツ

意外と見落としがちなシャツの色についてご紹介していきます。

白無地がおすすめ

冠婚葬祭、すべてで使用できるブロード生地の白無地が最適です。もっとも無難で、どんなスーツにも合うので迷ったら白無地にしましょう。
最近では、淡いピンクやブルーでも可能とされる場合が多くなっており、少しおしゃれをしたい場合におすすめです。
袖にカフリンクスを付けると、おしゃれ度もぐっと高まります。

暗い色はNG

黒や紺色などダークカラーのシャツは、おめでたい席である結婚式や披露宴には不向き。
二次会での着用に向いています。
ダークカラー以外では、ギンガムチェックのシャツはカジュアルになり過ぎるため避けましょう。
明るめの色でカジュアルになり過ぎないシャツを選ぶことが大切です。

結婚式におすすめのネクタイ

ネクタイを選ぶ男性

結婚式におすすめのネクタイについてまとめています。

明るい色がおすすめ

以前では、結婚式に参列する際のネクタイは白無地が定番でした。
しかし、最近ではシルバーのネクタイを着用する方が増えてきています。
シルバーのネクタイは、白のネクタイよりも襟元が引き締まった印象になるのが特徴的。
また、おめでたい雰囲気にもよくなじむため、シルバーのネクタイを合わせることをおすすめします。

暗い色はNG

シャツと同様に、ダークカラーはおめでたい席には不向きです。
どうしてもダーク系のネクタイを着用したいときは、二次会で使用するなどして使い分けるとよいでしょう。
結婚式では、新郎新婦が主役です。そのため、身に付けるものは、主役と被らないように、主役より目立たないように注意しましょう。
おめでたい雰囲気を壊さないような、フォーマルな服装を意識することが大切です。