スーツスタイルにトレンドの「レッド」を取り入れよう!

スーツスタイルにトレンドの「レッド」を取り入れよう!

2023年秋冬の流行色とも言われている「レッド」。スーツに取り入れるのには抵抗がある、と思われる方も少なくありません。

しかし、トレンド色をスーツスタイルに取り入れる方法は、スーツの生地に限ったことではありません。

 

そこで今回は、スーツスタイルにトレンドの「レッド」と取り入れるためのヒントをご紹介いたします。「レッド」の取り入れ方のポイントを押さえ、トレンド感のあるスーツスタイルを楽しみましょう。

秋冬スーツのトレンドのレッドの特徴

一言で「レッド」と言ってもさまざまな表情があります。

その中から、スーツスタイルに取り入れやすいものをご紹介しましょう。

 

・ボルドー、バーガンディー

彩度が低い暗めのレッドです。

ボルドー地方の赤ワインの色からきており、華やかの中にも落ち着きがあるため、高級感が漂う大人な印象を与えてくれます。暖かみのある色でもあるので、秋冬に親しみを感じやすいでしょう。

 

・ワインレッド

ボルドーよりも彩度が高く、鮮やかで少し紫みがかった色です。薄めの赤ワインに近い色でフレッシュな印象を与えてくれます。

スーツには、刺し色として活用することで取り入れやすい色となります。

 

・エンジ

スクールカラーとしてもおなじみの「エンジ」は、古代中国から伝わった色です。

レッドのなかでも、落ち着きと正統派の印象を与えてくれる色味なので、レッドの中でも取り入れやすいでしょう。

 

これらのレッドは、フォーマルシーンでも活躍できる色味です。黒やネイビー、ブラウンなどの定番カラーとも相性が良いので、コーディネートアイテムとして揃えておくとよいでしょう。

秋冬スーツにレッドを取り入れるポイント

レッドをスーツの生地に取り入れるのが難しいという方におすすめなのが、ネクタイやタイピン、チーフなどの小物で取り入れる方法です。

 

また、オーダースーツならスーツのディテールへのこだわりとして「レッド」を取り入れるのもお洒落です。

たとえは、

・襟のステッチをレッド色のカラーステッチにする

・袖ボタンのボタンホールを1カ所だけレッド色の糸にする

とすることで、スーツ上級者が好む、こだわりが詰まったお洒落スーツとなるでしょう。

 

そのほか、裏地にレッド色を使用すれば、内ポケットから物を取り出す時にさりげないお洒落が溢れ出します。見えない部分へのこだわりは、大人の余裕を感じさせてくれます。

秋冬スーツのトレンド

秋冬のトレンドカラー「レッド」のスーツスタイルへの取り入れ方をご紹介しました。

真っ赤なスーツに抵抗感があるという人にも、ポイントでトレンドを取り入れることで、お洒落感を増すことができます。

自分なりのスタイルでトレンドを取り入れてみましょう。

キャンペーンページはこちら