オーダーシャツを作るなら「カフス」の形にこだわろう!

オーダーシャツを作るなら「カフス」の形にこだわろう!

シャツのカフスは手元の印象を大きく変えてくれる部分です。オーダーシャツを作る際は、カフスのディティールにこだわってとことんおしゃれに決めてみませんか。

ここではオーダーシャツのカフスデザインの種類や与える印象、カフスデザインの選び方について解説します。

オーダーシャツの参考に! カフスデザインの種類

オーダーシャツ作りでは自分のこだわりを詰め込んだ1着に仕上げられるのが魅力。中でもカフスは、手元の印象を大きく変えてくれる部分です。カフスにはさまざまなデザインがありますが、ここではその代表的な種類をご紹介します。

カッタウェイ

シングルカフス(1枚式の折り返さないカフス)の袖口を斜めにカットしたカフスを「カッタウェイ」と呼びます。シャープで堅実な印象に見せてくれます。

ラウンド(大丸・小丸)

袖口をラウンド型、つまり丸くカットしたカフスです。大丸カフスはエレガントな印象に仕上がるため、お祝いの席に着るシャツなどにもおすすめです。

スクエア(角)

角が四角い標準的なカフスです。どんな色柄のシャツにもマッチしやすく、シンプルな仕上がりがお好きな方におすすめです。

ツーボタンカフス(シングルカフス、ターンナップカフス)

ボタンが縦に2つ並んだカフスです。手首にフィットしやすく、上品な印象が特徴。シングルカフスのほか、折り返して着用する「ターンナップカフス」にも用いられることが多いです。

ダブルカフス(フレンチカフス)

袖を折り返して二重にし、「カフリンクス(カフス用のアクセサリー)」で留めるタイプのカフスです。ドレッシーな印象で華やかさを演出したいときにもぴったりです。ビジネス用というよりはフォーマルシーンで着用するシャツ向けのカフスかもしれません。

アジャスタブルカフス

ボタンが2箇所あり、袖口の広さが調節できるようになっているカフスをアジャスタブルカフスといいます。シーンに合わせてボタンの留め方を変えられるので、とても機能的です。

コンバーチブルカフス

コンバーチブルカフスは、カフスの両側にボタンホールが付けられているのが特徴。一般的なシングルカフスとしても、さらにはカフリンクスを使っても着用できるカフスです。

オーダーシャツでカフスデザインを選ぶポイント

オーダーシャツは既製品と異なり、自由にデザインを選べるのが魅力。とはいえ、選択肢が多すぎてどれを選べばいいかわからない……という方も多いのではないでしょうか。

オーダーシャツでカフスデザインを選ぶときのポイントを見ていきましょう。

シンプルなオーダーシャツにはデザイン性の高いカフスでアクセントを

お仕事用などのシンプルなシャツは、あえてデザイン性の高いカフスを選ぶことで良いアクセントになります。人気があるのは丸みのあるラウンドやカッタウェイ、スクエアなどですが、あえてターンナップカフスなど華やかな印象の物を選んでも。

職場の雰囲気的にカフリンクスがOKそうであれば、ダブルカフスもおすすめです。

身長が高い人は「ツインボタンカフス」が好バランス

身長が高く腕が長い方は、通常の長さのカフスだとバランスがいまいちになる場合も。その場合はカフスを長く仕立てるか、ボタンが縦に2つ並んでいる「ツインボタンカフス」でオーダーするのがおすすめです。袖口のデザインはお好みで選んでみてください。

カフスで印象が変わる! オーダーシャツ作りを楽しもう

オーダーシャツとカフス

カフスはシャツの中でも面積こそ少ないものの、デザインを考えるのが楽しい部分です。お店によってはカフスに好みの刺繍を入れられるところもあります。スタッフに相談しながら、ぜひ好みのカフスを見つけてみてくださいね。

キャンペーンページはこちら