押さえておこう! スーツアクセサリーのビジネスマナー

押さえておこう! スーツアクセサリーのビジネスマナー

スーツアクセサリーにはさまざまな種類があり、身に着けることでワンランク上の着こなしができます。しかし、ビジネスの場ではすべてがOKというわけではありません。スーツアクセサリーの中には、ビジネスマナーから見てNGなものもあるからです。

そこで今回は、スーツアクセサリーの種類や、ビジネスマナーの観点から見てOKなスーツアクセサリーについて解説します。

スーツアクセサリーにはどんな種類がある?

皆さんは「スーツアクセサリー」というとどのようなものを思い浮かべるでしょうか?まずはスーツアクセサリーの種類や身に着ける場所をチェックしてみましょう。

ネクタイピン(またはタイバー、タイクリップ)

ネクタイピンはネクタイとシャツを挟んで固定し、動きにくくしてくれるアイテムです。ネクタイピンにはさまざまなデザインのものがあり、シンプルなものはビジネスの場でも好まれています。

カフリンクス(またはカフスボタン)

カフリンクスは「カフスボタン」とも呼ばれ、シャツの袖口に取り付けるアクセサリーです。こちらもネクタイピン同様、さまざまなデザインのものがあります。面積こそ小さいですが、シンプルなシャツでもカフリンクスがついていると印象を大きく変えることができます。

ラペルピン

ラペルピンはジャケットの襟元にあるピンホールへ取り付けるスーツアクセサリーです。主に結婚式などで身に着けるもので、華やかな印象に見せることができます。

チーフ

チーフは胸ポケットに入れる布のことで、結婚式などのフォーマルな場で用いられます。同じチーフでも折り方によって華やかさを調節できるのが特徴です。

当店では、ブランドの裏地を使用してオリジナルのチーフを製作しております。

上下に違う裏地を配置し、差すだけで簡単におしゃれ度がアップする優れものです。

色を変えるだけで、スーツの印象もぐんと変わってきますよ。

ネクタイリング

ネクタイリングはネクタイに通して使うアクセサリーです。フォーマルシーンではネクタイを結んでからリングを通して使います。また、カジュアルな場であればネクタイを結ばずにリングを通す使い方もできます。胸元に華やかさをプラスしてくれるアイテムです。

スーツアクセサリーのビジネスマナーは?仕事で着けてOKなもの

スーツアクセサリーはスーツ姿を華やかに見せてくれます。しかし、ビジネスの場では「華やかさ」より、ビジネスマナーを優先させることが大切です。

ビジネスの場ではどのようなスーツアクセサリーが適しているのでしょうか?

 

ビジネスの場では華美になりすぎない着こなしが好印象を与えます。スーツアクセサリーとしては、「ネクタイピン」や「カフリンクス」であれば身に着けても良いでしょう。この2つは実用性を兼ねているため、マナー違反にはなりにくいのです。

ただし、派手なデザインは避けるのが鉄則。どちらもシルバー素材でシンプルなものを選ぶようにしましょう。装飾が少なめのものを複数持っておけば、コーディネートがマンネリ化するのも防げます。

ビジネスでNGなスーツアクセサリーは?

ビジネスマナーの中でNGなスーツアクセサリーは、端的に言うと「派手すぎるもの」です。例えば装飾の華やかなラペルピンなどは、派手さが目立ってしまうためビジネスの場に向いていません。

特に公務員や金融機関など、服装規定が厳しい業界は、スーツの着こなしに対しても規律や堅実さが求められます。ルールや社風に合った着こなしを心掛けましょう。

ビジネスマナーを守ってスーツアクセサリーを身に着けよう!

ネクタイピンを付ける男性

スーツアクセサリーは同じ着こなしになりがちなビジネススタイルのアクセントになってくれる便利なアイテムです。ただし、ビジネスの場である以上、場の雰囲気や社風などを考慮したものを身に着けることが大切です。

「派手になりすぎない」ということを念頭に置いたうえで、上手にスーツアクセサリーを活用してみましょう。

キャンペーンページはこちら