幅広いシーンで活躍! ヘリンボーン柄スーツの魅力

幅広いシーンで活躍! ヘリンボーン柄スーツの魅力

スーツの生地にも人気の「ヘリンボーン」は、クラシカルな魅力が感じられる柄です。特に近年ではクラシカルスーツがトレンドということもあり、改めてその良さを認識している方も多いでしょう。

そこで今回は、ヘリンボーン柄スーツの基礎知識や、着こなしのポイントをご紹介します。

ヘリンボーンとはどんな柄?

もともとヘリンボーンとは「ニシンの骨」という意味です。綾織りで作られた模様がちょうど魚の骨のような形をしているため、こう呼ばれるようになりました。

 

スーツには白黒の模様で織られた温かみのある生地(秋冬向け)のほか、同色の糸で細かく織り上げて光沢感を出したヘリンボーン柄もよく用いられています。どちらもシャドーストライプなどと同じ「織り柄」の生地として、ビジネスからフォーマルなシーンまで幅広く着用することができます。

 

ヘリンボーン柄は織り方の特徴から耐久性・柔軟性に優れており、シワになりにくいのも魅力です。さらに回復力にも優れているため、万が一シワができても、スチームを当てて伸ばせばシワが取れやすいという特徴もあります。特別なシーンはもちろん、普段使いのスーツにも適した生地なのです。

ヘリンボーン柄スーツの選び方&コーディネートのコツ

ヘリンボーン柄スーツを選ぶ際は、「柄の大きさ・細かさ」「生地の色合い」を考えると選びやすいでしょう。

柄の大きさ

ひとくちにヘリンボーン柄といっても、織り上げる糸の色や太さ、密度によって印象はかなり変わってきます。糸が細く密度が高いほどフォーマル感が高まるので、パーティーや式典・家族の行事などに着用したい場合は細かなシャドー柄のヘリンボーンスーツが便利です。このタイプのヘリンボーンスーツは、季節を問わず着用しやすいのも魅力です。

 

一方、大きめのヘリンボーン柄はクラシカルかつ高級感のある印象です。ビジネスシーンで着用すれば、大人の風格を感じさせてくれるでしょう。温かみのある印象に仕上がるため、秋冬のワードローブに取り入れるのもおすすめです。

生地の色合い

ヘリンボーン柄は生地の色合いによっても印象が変わります。ブラウン×白や黒×白など色をミックスしたヘリンボーン柄は、英国風でクラシカルな印象です。ボルドーやブラウン、ブラックなどの深い色味のネクタイと合わせれば、品のある大人のコーディネートが楽しめるでしょう。

 

一方、同じ色の糸で織ったシャドーヘリンボーンの場合は、無地に近い感覚で着られます。コーディネートもしやすく、柄物のシャツやネクタイと合わせるのもおすすめです。このとき、シャツかネクタイのどちらかを無地にすると野暮ったくなりません。

小物の合わせ方は?

ヘリンボーン柄のスーツに合わせるベルト・靴などの小物は、ダークブラウンやブラックがおすすめです。このときベルトと靴の色を統一するとよいでしょう。また、スーツの上にコートを着用する場合は、ベーシックな黒・ネイビーがおすすめです。ウールなどの上質な生地で仕立てられたコートなら、より上品なコーディネートに仕上がりますよ。

クラシカル&上品さが魅力! ヘリンボーン柄スーツを着こなそう

ヘリンボーン柄のスーツの男性

クラシカルで品の良さが感じられるヘリンボーンは、大人の男性にぴったりな柄。ビジネスからプライベートまでマルチに着られる使い勝手の良さも魅力です。皆さんもぜひ、コーディネートに取り入れてみてはいかがでしょうか?

キャンペーンページはこちら