スーツ姿をより洗練させるサスペンダーの着こなし術

スーツ姿をより洗練させるサスペンダーの着こなし術

スーツ姿をより洗練させるサスペンダーの着こなし術

スーツのズボンを固定する小物といえばベルトが主流ですが、近年はサスペンダーの人気も高まっています。サスペンダーにはどのような種類があるのかや、スーツ姿に合わせる場合のポイントなどをご紹介します。

サスペンダーとは

サスペンダーは、肩にかけてズボンの位置を固定するためのバンドです。「サスペンダー」はアメリカ風の呼び方で、イギリスでは「ブレイシーズ」、日本語では「ズボン吊り」「吊りバンド」などと呼ばれています。

サスペンダーが登場したのは18世紀半ば頃とされています。当時のズボンは股上が深く、ウエストやもも回りにゆとりがあるものが多く、このようなズボンを固定するにはベルトよりもサスペンダーで吊るすほうが適していたのです。

現在のフィット感あるズボンは、基本的には固定しなくてもずり落ちてくるようなことは少ないですが、近年人気のクラシカルなスーツに似合うクラシカルなアイテムとして注目を集めています。

 

サスペンダーの種類

サスペンダーの留め具には、ボタンで留める「ボタン型」と、クリップで挟んで留める「クリップ型」があります。

ボタン型

ボタン型は、サスペンダーの端にあるレザーのループを、ズボンのウエスト部分に付けたボタンにかけて固定するタイプです。クラシカルで美しい印象で、安定感を得やすいという特徴があります。ボタンはスーツスタイルの場合は内側、カジュアルスタイルの場合は外側に付けることが多いです。また、「前は内側、後ろは外側」という具合に組み合わせることもあります。サスペンダーの使用を考えているのであれば、スーツを仕立てる際にサスペンダー用ボタンを付けてもらっておくと良いでしょう。

クリップ型

クリップ型は、クリップでウエスト部分を挟んで固定するタイプです。ボタンが付いていないズボンにも付けることができるため、手軽に使える良さがあります。ただし、生地をクリップで直接挟んで使用するため、生地が傷んだり擦り切れたりする原因になることもあるため注意が必要です。

 

このほかに、ボタン式としてもクリップ式としても使える「両用タイプ」のサスペンダーもあるので、こうしたものを選んでスーツによって使い分けても良いでしょう。

スーツにサスペンダーを着用するときのポイント

スーツスタイルの場合、サスペンダーは基本的には見せるものではありませんが、チラッと見えたときにおしゃれさを感じられるよう、コーディネートを意識して選ぶことをおすすめします。

使っている色と合わせたものを選ぶ

ネクタイと同色や同系色のサスペンダーなら、ほどよいお揃い感がコーディネートのアクセントになります。また、シャツの色や上着の裏地の色に合わせるのもおすすめ。サスペンダーが目立ちすぎることなく、自然に溶け込んでおしゃれな印象になります。

幅は細すぎず太すぎないものを選ぶ

サスペンダーの幅によっても印象が変わります。細めならモード感、太めならクラシック感が出ますが、あまりに細いと貧弱な印象になりますし、太すぎると洗練されていない印象になりやすいです。スーツスタイルに合わせるのであれば、幅34センチ程度のサスペンダーが良いでしょう。

サスペンダー

サスペンダーの種類や、選び方のポイントなどをご紹介しました。クラシカルなスリーピーススーツなどと特に相性の良いサスペンダー。上手に取り入れてこだわりのスーツスタイルを完成させてください。

キャンペーンページはこちらから