童顔や低身長でも心配なし! スーツをカッコよく着こなすコツは?

童顔や低身長でも心配なし! スーツをカッコよく着こなすコツは?

「自分にはスーツは似合わない」と思っている方は、少なくないようです。

特に、童顔や低身長の男性の中には、スーツが似合わないと思い込み、普段から着ないようにしているという人も多くいらっしゃいます。

しかし、テレビに出ている有名人やセレブのなかには、小柄な人でもカッコよくスーツを着こなしている人は多いものです。

そこで今回は、スーツが似合わないと感じてしまう原因と、かっこよくオシャレに着こなすポイントを紹介していと思います。

スーツが似合わない原因とは?

身長の低い人がスーツを似合わないと感じる、最も大きな原因はサイズが合っていないことです。小柄な人でも、自分の体形に合ったジャストサイズを選ぶことで、必ずスタイルが良く見えます。

 

例えば、小柄な身体を大きく見せようと、大き目のサイズを選んでしまうと、スーツにシワが入り逆に華奢な身体を強調してしまいます。

 

また、低身長でもがっちりした体型の人の場合は、サイズ選びで胸囲を基準に選ぶため、着丈や袖丈が長すぎてしまいます。お直しで袖丈を極端に短くする必要があると袖口が太くなり過ぎて、バランスが悪くなってしまいます。

そのほか、脚長効果を得ようと裾丈を長めにお直ししようとすると、ボテッとしておしゃれに着こなせないということも起こります。

スーツのジャストサイズとは?

スーツを購入する際、自分の体型に合っているかどうかを知る基準を確認しておきましょう。

<スーツサイズのチェックポイント>

1.ジャケットの肩幅は、腕が動かしやすい余裕でフィット

2.ジャケットの胸囲とウェストは、にぎりこぶし一つの余裕

3.ジャケットの着丈はヒップがちょうど隠れる程度

4.袖丈はシャツが1㎝見える程度

5.スラックスのウェストは、掌1つ入る余裕

6.スラックスのヒップは、かがんだ時に窮屈に感じない余裕でフィット

7.裾丈は靴を履いた時にヒール上部から3cmの高さに裾が掛かる程度

童顔でも大丈夫! スーツをかっこよく着こなすコツ

スーツを着こなすポイント

スーツを購入する際に、サイズ感をしっかり確認し、お直しが必要な箇所はしっかりとお直しをしてもらいましょう。

 

ただし、お直しには限界があり、全て解決しようとすると、スーツ一着買えるほどの料金が必要となる場合もあります。

また、無理にお直しをしても出来上がりにしっくりこない場合もあるので、初めから自分の体形に合わせて仕立ててくれるオーダースーツ店での購入の方が安心かもしれません。

 

自分にサイズのぴったり合ったスーツを1着持つことで、スーツへのコンプレックスが解消され、おしゃれにも幅が出るかもしれませんね。

キャンペーンページはこちら